2017年12月末・412種の歩

412種の歩み・21種~30種思い出の鳥

412種の歩みでNo1~20種まで思い出の鳥として選びましたが、1月新年早々夢に出てきましたので、追加することに致しました。

ベスト21・・・2016年11月5日豊中市服部緑地公園において、珍鳥の「タカサゴクロサギ」さん、来てるよで、行きました、計三回行きましたが、この顔を伸ばした画像が評判を呼び、むくどり通信にも掲載されました。(お腹のくびれから上全て、首です)
                「タカサゴクロサギ」
イメージ 1


ベスト22・・・2014年5月17日舳倉島において、夕方の3時24分、バーダーさんの姿なく、二宮尊徳さんの像同に一羽の鳥が「アカモズ」です、一人だったので、ゆっくり・ゆっくり、近づき撮ることが出来ました、「ラッキーでした」
                     「アカモズ」
イメージ 2
ベスト23・・・2017年7月12日北海道根室の林道を、行ったり、来たりで探し回ること数時間やっと見つけることが出きた「エゾライチョウ」ガイドに感謝ですね、一人で探しに来たときは見つけること出来ませんでした。  「エゾライチョウ」
イメージ 3

ベスト24・・・2011年7月13日今まで、図鑑を見ながらこの鳥みたいな、と思いながら、過ごしていましたが、鳥友さんから、明石公園に居てるよで、高速を飛ばし行きました、大感激に一日でした、その後、舳倉島。昨年の平島で毎日見ることが出来ましたが、最初に会った日のことは今でも思い出します。
                「ヤツガシラ」
イメージ 4

ベスト25・・・2011年11月3日大泉公園でいてると、鳥友さんから、巨椋に「オガワコマドリ」居てる、この鳥も、ライファー、Baさんと高速を飛ばし現地へ、既に稲刈が終盤を迎えていて、まもなく此処も刈とられる、農家の人親切や、昼にするからと言われる、時間を見ると12時11分だ、  「オガワコマドリ」
イメージ 5

ベスト26・・・2012年4月25日大泉公園でいてると、そこに携帯が鳴る、ふーさん、「ギンムク」南港野鳥園に居てるよ、すぐに家に帰り、車に乗り換え急ぐもここは高速無し、何とか間に合い、電柱13時11分証拠写真その後行方不明、ふーさんは、丘の上で待つことに・14時47分目の前に。 「ギンムクドリ」イメージ 6
         
ベスト27・・・2012年12月30日今日は雨や、家にいてると、鳥友さん、福知山線さんから、携帯ふーさん、「コミミズク」居てるよ。田んぼの畝の中や、見つけるのは困難や、お願いや、35分で行けるから待ってて、懇願すると気持ちよく了解していただく、やっと現地へ、車の後ろにつけるも、見つけられず、畝の端から順番にカメラを、なんと、5m先や、近いので見過ごしていました、後はゆっくり観察です、先日福知山線さんにこの時のお礼を言うと、淀川で皆さん見たから?私は感謝です。
                     「コミミズク」
イメージ 7

ベスト28・・・2014年2月23日三重県紀宝町以前から居てるよ聞いていたが一人で行く自信がなく、鳥友さん頼り(土)待っていく、真木先生の日本の野鳥650この個体を載せるため?発売遅れましたよ。 「ヤドリギツグミ」
イメージ 8

ベスト29・・・2014年2月23日徳島県から鳴門市で見たとの情報あり、鳥友さんにお願いして、行っていただくことになり、ふーさん、ほんまに居てるんか?大丈夫まかしときと言って現地へ、カメラマン誰も居てません、そこは、頼りになる鳥友さん、数時間かかりましたが、見つけました。後ろの背景悪いので、電車が通るのを待ち、遮断機のチンチンの音と聞くとカメラを構えました。飛び移動しましたが、またすぐに見つけることもでき一日大満足でした。
                   「ソデグロヅル」
イメージ 9

ベスト30・・・2017年6月11日滋賀県この場所は2015年6月10日・6月13日二日も行くが見ただけ証拠写真も撮れず、2016年は行くも声を聞いただけ、もうダメかなとおもっていた時、鳥友さんから連絡あり、ふーさん、100%撮れるよで行きました、知り合いがたくさんいて、いい場所譲っていただき、ゆっくり観察出来ました。
                  「ヤイロチョウ」
イメージ 10
最期の鳥は「ヤイロチョウ」で締めくくりや。NO1~30思い出の写真、鳥友さんに、感謝・感謝やな。

412種の歩み・ベスト11~ベスト20種です。

ベスト11・・・2013年11月8日撮影場所沖縄やんばるの森、nakaちゃんとホテルで待ち合わせ、翌日ガイドと天然記念物「ヤンバルクイナ」を撮りに出かけました、翌日もnakaちゃんと、「アカヒゲ・ノグチゲラ」を見ることが出来ました。
               「ヤンバルクイナ」
イメージ 1

ベスト12・・・2011年9月23日撮影場所泉大津市助松干潟、この日はTecasoさんと一緒でした、干潟にはShin‘s先生・他2名、5名での観察、ハマシギの中に一羽ちょっと違う尾羽根の長い一羽のシギを見つける、ふーさん、みんなに、ちょっと・ちょっと・違う鳥いてるよ、この日の写真を見るとこの個体だけ写していました、2時間ぐらいかな、飛び去ってしまい、Shin‘sさんより電話で「ヒメウズラシギ」と聞きました。              「ヒメウズラシギ」
イメージ 2

ベスト13・・・2014年8月8日撮影場所北海道羅臼鷲の宿、夜半から雨が降り出し、部屋の中から撮ることにした、一回目は20時・二回目は23時でした、照明があるが暗く、レンズF2,8・300m・ISO5000で撮りました、日本で100羽しか居てないと言われている鳥。             「シマフクロウ」
イメージ 3

ベスト14・・・2011年10月19日撮影場所岡山県笠岡カブト西町「アカアシチョウゲンボウ」を撮りに高速を飛ばし現地へ、上空から、降りてきては、餌を撮り、空への繰り返し、そんなとき、めったに止まらない電線へ、100m先、カメラを担ぎ歩こうとすると、Baさん、すぐ飛ぶよ、ふーーさんと数名のみの撮影となり、近づいては撮りで最後は、20mぐらいまで。(今年同じ所で・クロヅル・カナダヅルと出会う)      
                「アカシチュゲンボウ」
イメージ 4

ベスト15・・・2015年4月5日撮影場所小笠原母島「メグロ」高校時代の友人6名で、小笠原諸島の父島・母島旅をすることになり、ふーさんの鳥撮り理解あり、母島の乳房山へ、途中水場があり、落ち葉で水も汚く、nakaちゃんのように、綺麗に洗い置いてあった、ペットボトル数個(雨水を蓄えていた)を入れると、それを見てたかのように、すぐに次から次へと、水を飲みに来た、ふーさんは、後ろに下がるが、友達さん達喜んで携帯で撮り始めた。   「メグロ」
イメージ 5

ベスト16・・・2016年1月12日三重県鈴鹿川へ、アッピー鳥友さんのお出迎えで「ユキホオジロ」北海道で撮ることが出来ず、このような、所で撮ることが出来ることに感激した、アッピーさんにはカリガネ以来、ハジロコチドリ・ハイイロチュウヒと随分お世話になり、感謝・感謝支えられての。 「ユキホオジロ」
イメージ 6

ベスト17・・・2016年6月30日撮影場所大泉緑地公園、この日は午前中大泉公園に居てました、昼帰り、予約していた歯医者さんへ、待っていると、鳥友さんから、変わった鳥いてる、後で来ると抜け出し、家に帰り、カメラ持って公園へ、既にバーダーさん、50名以上です、ムクドリの中に居てるとのこと、ふーさんは、バーダーさんから、離れて待つことにした、16時50分バラバラとムクドリが小山に降りてきた、その中に一羽色が違う鳥が、慌てて、シャッター押しまくり、2017年の大泉の鳥撮りの会写真展に、一枚の写真も出てきません、パナさんに聞くと、遅く来てちゃんと撮れてるの、ふーさんだけやと言われました。 「バライリムクドリ」
イメージ 7

ベスト18・・・2015年8月4日撮影場所泉大津市海上沖、この日いつものように車でシギチ探していると、前方から、トビのように、ゆったりと舞いながら、こちらに向ってくる、トビではないと、車から降り、カメラ構えると、どんどん、前へ・車の上を通過、ふーさんを確認するように、旋回を始めました、最後はカモメさん達の群れの中に降り暫くして飛び立ち明石大橋の方に飛んで行きました、(後で鳥友さんに聞くとこの鳥カモメさんの餌を横取り?)   「コグンカンドリ」
イメージ 8

ベスト19・・・2010年2月13日滋賀県西の湖へ、この日は、AO鳥友さんと待ち合わせ電車で、駅で自転車を借り走ると、見たことのある景色が現れ、現地へ、見れるのは、夕方とのこと、多くのバーダーさんが待つところから離れて待つことにした、
3時ごろ、急に前方から、チュウヒが舞い上がり、夜の暗くなるまで、乱舞してくれた、鳥友さん曰く、ふーさん、こんな早くから見れることないんや、運のえーふーさんやと言われました。その後この鳥さんに興味を持ち、何回も、三重・愛知へと行くことになりました。でも最初が忘れることが出来ません。  「ハイイロチュウヒ」
イメージ 9

ベスト20・・・2012年7月14日撮影場所八東町へ、(前年の6月には戸隠森林公園へアカショウビンを見に行きました、我が家には、ふーさん、ブログ初める前から、野鳥の会は1988年から会員で、鳥の本が山とありました、1985年4月20日初版発行・平凡社・著者 嶋田 忠サイン入りの 火の鳥アカショウビンの写真集を見てどうしても早く撮りたくて、その後何回も行くことに。 「アカショウビン」
イメージ 10

412種の歩みの・思い出の20種を選びました。

ベスト1・・・2012年10月4日撮影場所和泉市大野池「コウノトリ」7羽せい揃いするまでの2時間・その後、大阪支部のむくどり通信に紹介され、朝日・毎日・産経・読売新聞の紙面を飾り、兵庫・奈良の知人から電話をいただきました。撮影地の大野池さんより(光明池土地改良区)の担当者より写真を使わせてほしいと以来あり、記念タオル・記念のボールペン・お酒まで造って送っていただきました、今でも自宅に保管しています。     「コウノトリ」
イメージ 1

ベスト2・・・2012年1016日撮影場所、石川県田鶴浜「アネハヅル」NHKBSTVでモンゴルからエレベストを越えインドへ行く(勇者の旅)をみてどうしても見たかった鳥が、その日N鳥友さんから電話、丁度その日の午後から、nakaちゃんと二人で舳倉島に行く日だったので、早めに出て会えた、翌日舳倉島欠航二日間も見ることが出来た。幸せだ。                「アネハヅル」
イメージ 2

ベスト3・・・2016年4月13日撮影場所泉大津市「ヘラシギ」世界で400羽しか確認されてない鳥が、ヘラ状の嘴を見せた、それも、ふーさんの目の前に、胸がどきどき、一瞬手が震えた、その後新聞にも取り上げられ、世界の山階鳥類さんの冊子にも紹介されました、           「ヘラシギ」
イメージ 3

ベスト4・・・2009年3月12日撮影場所有馬富士公園「ヒメハジロ」前日から一泊でゴルフコンペがあり当日、有馬カントリーでゴルフをやり、パーティーに参加せず、現地へ、池が広く探せないまま数分、その時、若い青年が一緒に探しましょう、見つけてくれました、青年は北海道から来たとのこと、(北大生でした)ふーさんの子供とも知り合いで、一週間前飲んだとのこと、意気投合、記念写真撮りました、今彼はどうしているのか、平田和彦ネットで検索したら(千葉県立中央博物館・鳥類行動生態学)
研究員でした、           ヒメハジロ
イメージ 4

ベスト5・・・2017年7月12日撮影場所北海道落石クルーズ海上にて「エトピリカ」3回目の挑戦や、(2014年8月・2015年5月27日nakaちゃんと)今回は、ガイドも知り合いに依頼、お父さん見つけるまで帰らないから、でも、時間は経過するばかり、船長も協力的、何回も同じ所を繰り返し・繰り返し、やっと見つけた。
                      「エトピリカ」
イメージ 5

ベスト6・・・2017年7月11日撮影場所北海道羅臼相泊知床岬海上「ウミガラス」
日本で14羽しか確認撮れていない鳥が、ガイドとふーさんに会いに来てくれました。ヒメハジロで会った青年平田和彦氏も  「ウミガラス」
イメージ 6

ベスト7・・・2012年5月9日撮影場所舳倉島「チャバラアカゲラ」診療所のとおりに、変な、「アカゲラ」いてると、パナさんから連絡、図鑑でも見たことない、宿に帰ると女将さん、7年ぶりや「チャバラアカゲラ」ここに写真あるやろ、その後、日本鳥類目録改定第7版に種として登録。   「チャバラアカゲラ」
イメージ 7

ベスト8・・・2012年5月12日撮影場所舳倉島、ふーさんが図鑑を見てここでなら見れると思い探し求めていた鳥が目の前に、バーダーさんもう一人、診療所の先生に電話する、待って、まずは、nakaちゃんとその仲間や、島に居てるバーダーさん全員集合、60名ほど。           「マミジロキビタキ」
イメージ 8

ベスト9・・・2012年9月29日撮影場所三重県松阪市「コモンシギ」・Baさんと滋賀県で「ムラサキサギ」撮っていると、11半ごろ、コモンシギ居てると連絡あり、2時間でいけると、滋賀から三重へ最短時間で高速を乗り継ぎ現地へ、車の中からの撮影となりました、それ以来見れてません。  「コモンシギ」
イメージ 9

ベスト10・・・2012年12月23日撮影場所出雲市斐伊川「カリガネ」が一羽いてると聞いていたので、鳥友と一緒に探し見つけることが出来た喜びは、「カリガネの別称の幸せを運ぶ鳥そのものだ。同行者のアッピーさん、Baさんとも5年のお付き合いとなり、ベスト16ユキホオジロでお世話になる。  「カリガネ」
イメージ 10

2017年12月末・412種写真撮影、年別・リストの作成

2010年からブログをはじめ写真撮影いたしました、今回412種(亜種含む)を撮りました。,これから、鳥の写真を始める方の探鳥地の参考になればと思い資料として見ていただければと嬉しいです。(資料拡大することが出来ます)
イメージ 1
イメージ 6
イメージ 7
(NO1~NO2は日本の野鳥590のページ番号です・NO3以降は日本鳥類目録改定第7版・種名リストの番号順です)
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
ギャラリー
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 羅臼知円別港のオオセグロカモメのコロニー
  • 知床ウトロ港のケイマフリ
  • 2022.7.14 知床半島ウトロ側のウミネコとオジロワシ
アーカイブ
  • ライブドアブログ