2020年07月

7月31日 羅臼の海鳥とシャチ

7月31日はとても刺激的な1日でした。

羅臼の海岸から海鳥を観察していたらシャチを発見しました。
シャチ2
どうしてもシャチを近くで見たくて、
エバーグリーン38の午後便に乗せてもらってシャチを腹いっぱい見ました。
シャチ1
今年、はじめてシャチを見れて、とても嬉しかったです。
シャチは100頭以上はいたと思います。

ウミズズメ親子
もちろん、海鳥も観察しているのでが、なんと! ウミズズメの親子が泳いでいました。親鳥2羽に雛2羽です。雛は綿毛のフワフワでとても可愛かったです。ウミズズメのヒナを見たのは初めてだったので感動でした。どこで繁殖した親子かな?

7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖

ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖まで海鳥調査に出港しました。

7B4A2146
港を出たところで、何かが浮いていてオオセグロカモメがそれを啄んでいます。
近づいてみるとトドの腐乱死体でした。
私は子供の頃フランケンシュタインを腐乱ケン死体だと思っていました。

カレイケイマフレ
今年のケイマフリはカレイやエゾメバルなどを持っていることが多いです。主食のイカナゴが少ないようです。

鳥山
帰りに港近くで鳥山ができていました。ウミネコとウミウが多かったです。

野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコース

今日は、野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコースに乗船しました。

アカアシ1
アカアシミズナギドが100羽以上の群れが観察できました。

カマ&アカアシ
カマイルカ
カマイルカも愛想がよく、あちらこちらで群れが見られました。
その中には小さな子供イルカもいました。
カマイルカが多いのも野付沖の特長ですね。

2020.7.21知床ウトロの海鳥と知床峠のギンザンマシコ

今日のウトロは若干ウネリがありましたが調査に出港しました。

ウミウ1
ウミウがイカナゴをゲットしてました。

ケイマフリ密2
ケイマフリが密になっていましたが海上なので三密はないでしょう!
ケイマフリ密1
ケイマフリカレイ
 今年は、イカナゴ以外にもカレイもよくとっています。

ギンザン2
帰りに知床峠で弁当を食べていたらギンザンマシコがいるような予感がして
カメラを持って出ると予想どうりギンザンマシコが出てきました。
マシコというより「インコ」みたいな鳥ですね!

2020.7.17 世界自然遺産知床ウトロの海鳥

今日で、知床が世界自然遺産になって15年だそうです。
知床ウトロでケイマフリ調査。
港を出たところでケイマフリの群れが泳いでいました。
20200717_17ケイマフリ群れ
20200717_17ケイマフリ群れ
20200717_88
潜水して餌を捕っている鳥もいました。

ハシボソミズナギドリが数羽泳いでいましたが元気がなく弱っているようです。
5羽死体も確認しました。
オーストラリアから飛んで来たのに知床で力尽きたのでしょうか?
可愛そうやな~。
20200717_47


 帰り羅臼の松法漁港に寄ると、今の時期では珍しいワシカモメがいました。
20200717_95
馬面で悪かったな!


ギャラリー
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 羅臼知円別港のオオセグロカモメのコロニー
  • 知床ウトロ港のケイマフリ
  • 2022.7.14 知床半島ウトロ側のウミネコとオジロワシ
アーカイブ
  • ライブドアブログ