2020年01月

2020年1月28日 羅臼の海

shinori1

この季節はシノリガモが港周辺で多くみられます。

キレイなカモですね。

かわあいさ1

カワアイサも今日はよく見られました。

カモメ1


ふつうのカモメとは少し違うような感じです。

シュットした感じがします。


オジロワシ1


オジロワシも港の堤防にとまっています。

正面から見た顔がマヌケです。

トド

海岸からトドの群れも観察できました。
トドがいると羅臼の海も野生の王国感が強くなりますね。


爺爺岳

国後島の最高峰の爺爺岳もはっきり見えました。

爺爺岳がハッキリ見えると天気が悪くなります。

大雪に備えなくてはと思います。






1月27日ハクトウワシ


Fさんから
ハクトウワシが野付湾の飛雁にいると電話がありました。
いつも冷静なFさんですが、少し声が上ずった感じに聞こえました。
取るものも取らずカメラだけを持って家を飛び出しました。
飛雁に着いて探しましたが、いませんでした。
これは、長期戦になるなと思い、一度家に戻って
双眼鏡・望遠鏡そして弁当を買って体制を整えて
再出発しました。
すると、氷下漁をしているオジロワシとオオワシのなかに
いました。
ハクトウワシ!!

ハクトウワシ2


















オジロワシと魚取りのバトルをして、みごと魚を奪ってました。


ハクトウワシ
その後、河畔林に止まりましたが
暗くて、あまり良い写真にはなりませんでした。

ふーさん 
久しぶりに1種増えたな~
アメリカに行ったときに見たけど
国内でははじめてやな!


2020年1月13日野付半島

昨夜は、根室で飲んでいたので
朝、根室を発って野付半島へ直行しました。
今日は凪ていたので海側も観察すると
ウミスズメが割合に近くで泳いでいました。
でも、今年は海鳥が少ないような気がします。

キャプチャ1

キャプチャ2
草原ではケアシノスリ!

野付は内湾の汽水域の水鳥
外海の海鳥
草原の鳥
バードウォッチングには最高の場所です。
そして年中楽します!
「ふーさん!冬の間はウトロに行けへんぶん、野付ばっかり行ってるな~!」

2020年1月11日自宅と野付半島

馬の世話を終えて西側のヤナギの木に何か止まってる!

あっイスカや!

慌ててカメラを取り出して撮影!

でも、すぐにどこかへ飛び去ってしまいました。

キャプチャ4
キャプチャ5

野付に行くと何かいるかな~と思い家をでました。

キャプチャ2
ハイイロチュウヒが草原の上を飛んでいました。

キャプチャ3
ハギマシコの100羽ほどの群れが飛び回っているのですが
電線に止まっているものしか撮れませんでした。
「ふーさん、ほんまわ地上に降りてるとこ撮りたかったんやろ!
残念やったな~!東京からお客さんが来るから急いでたんやろ!
粘らなええ写真撮られへんで!」

2020年1月10日野付半島から羅臼へ

いつもなら羅臼へ行った後に野付半島に行くのですが
野付ネイチャーセンターに用事があったので
先に野付に行きました。
途中でケアシノスリが出現しました。
キャプチャ1
かなり露出オーバーになりました。

キャプチャ2
羅臼の港ではカモメが多くみられました。
まだまだ海鳥類が少ないです。

キャプチャ3
キャプチャ4
材木岩のトンネルから少し岬側のところにトドの群れが泳いでいました。
シーライオンというだけあって大きな口と鋭い牙があります。
「ふーさん今日は海鳥イマイチで残念やったな~!今日は私らトドで我慢しといてや!」

ギャラリー
  • 甘えん坊のノスリの幼鳥
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコース
  • 野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコース
アーカイブ
  • ライブドアブログ