2019年11月

11月30日冬の野鳥観察会 ユキホオジロ・コクガンを探しに

野付ネイチャーセンター主催 冬の野鳥観察会 ユキホオジロ・コクガンを探しに~観察会に参加しました。

11-30コクガン3

コクガンは、シベリア方面から南下してきて、野付湾が凍結するまで滞在します。

コクガンは昼間は野付の湾内で過ごし、夕方に湾外に出て海上で過ごします。

寒い中、野付半島の先端部まで歩いて観察しました。

それでも、次から次へと海上へ向かうコクガンの姿は壮観でした。

11-30コクガン2


11-30コクガン1

夕暮れに飛行するコクガンの尾から下腹部が白く光って見えました。

暗くなって飛行するので群れからはぐれないない目印になっている気がしました。

ふーさん達、寒い中よー頑張ったな!

ユキホオジロもいたのに写真撮られへんかったの残念やったな~!

次また頑張りや~!



2019-11-29イスカとシノリガモ

今日こそは今日こそは「イスカ」撮ったるで~!
と思っているところにエゾリスが出てきました。
エゾリス
2頭が追いかけあってカラマツ林を樹から樹へ走り回っていました。

イスカ1
そうしているうちに、キョッキョッキョッとイスカの声!
どこや!どこや! っと探すとカラマツの天辺に!
レンズを向けるも、すぐに飛び去ってしまいました!

「ふーさん残念やな~! そう簡単には撮らせへんで~!
これでも、サービスしたんやで~!」

シノリ1
その後は、羅臼へ海鳥観察へ
このシーズンはシノリガモがたくさん見られます。
ヒメウは掃いて捨てるほどいました。



2019-11-28 イスカつう過

先日からイスカらしいのが自宅の上空を群れで通過します。

でも、決定的な識別ができなくて、いつもシルエットでした。

今日、やっと順光で観察できました。

赤い個体も数羽混じっていました。

肉眼でばっちり確認できましたが、写真は撮れませんでした。

なので、以前、ふーさんが撮ったイスカを掲載します。

2月1日イスカ12赤

11-19知床ウトロへ

ウトロへ
調査に使っていたボートを片付けに行きました。
道中、オオワシ・オジロワシ・ノスリを見つけましたが写真は撮れませんでした。
知床ウトロのフレペの滝の遊歩道では「ギンザンマシコ」の情報もありました。
しかし、今日はヒグマが人を追いかける事件があり通行止めになったようです。
ウトロ港でボートの片付けをしていると、すぐそばでオジロワシが弱ったスズガモを襲ってました。
何や感やで打ち合わせとかもあり、鳥の写真は何も撮れませんでした。
蒼鷹丸
今年も頑張ってくれた「蒼鷹丸」来年の春まで冬眠します。

今日は、ほとんど家から出なくて内業をしていたので、何の撮影もできませんでした。

なので馬の写真。

2019まろ&パール
手前がパール 奥がマロンです。

2頭はとても仲良しです。

そして大人しいです。

放牧地の牧草も寒くなり短くなっていますが、それでも歯で削るように食べています。

草の根元が美味しいのかな? と思います。


ギャラリー
  • 甘えん坊のノスリの幼鳥
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコース
  • 野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコース
アーカイブ
  • ライブドアブログ