2019年01月

知床ウトロに流氷接岸

今日は午後から「ねむろバードランドフェスティバル」の知床のウトロに出展した展示物を環境省の倉庫に片付けに行きました。
 オホーツク海には流氷が着岸し一面の氷原でした。まだまだ薄い流氷ですが、これから一進一退しながら氷が大きく成長することでしょう。
イメージ 1

2019ねむろバードランドフェスティバル

1月25日から1月26日の間、ねむろバードランドフェスティバルに知床ウトロ海域環境保全協議会として参加して出展してきました。低気圧の影響もなく各野鳥観察ツアーも盛況に終わったようです。
 多くの参加者や出展ブースの方々と交流ができて、とても楽しかったです。
 根室の実行委員会の方々大変お世話になりました。ありがとうございました。また来年も楽しみにしております
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

ツメナガホオジロ

今日は根室に近い場所で「ツメナガホオジロ」がいました。
1月26日・27日に開催される「根室バードランドフェスティバル」で目玉になる鳥かも知れません。
イメージ 1

落石ネイチャークルーズ2

昨日に引き続き落石ネイチャークルーズのガイドをしました。
今日はハンガリーからのお客さん!
海が無い国なので、見るものずべてが珍しかったようです。
港の中で、ヨシガモ・クロガモ・ホオジロガモを堪能して
沖ではウミガラスとケイマフリそしてラッコも見られ皆さん大喜びでした。
イメージ 1
港の中にビロードキンクロがいました!

落石ネイチャークルーズ

今日は、落石ネイチャークルーズのガイドをしました。
落石漁港の港の中にコオリガモがいました。
イメージ 1
尾羽を上げて警戒中です。

ユルリ島の手前でウミガラスがあまり警戒しなくて近くで泳いでいました。
イメージ 2
お目めぱっちりのウミガラス。

イメージ 3
ユルリ島の上空と崖の周りをワタリガラスが6羽ほど何かを探していました。カッポン!

イメージ 4
二枚貝を獲って食べています。
イメージ 5
イメージ 6
ラッコの親子がぜんぜん警戒しなくて船に近づいて来ました。大きくなってもまだまだ甘えん坊です。
ウニとかハナサキガニとか、あんまり贅沢なもん食べてたら漁師さんに怒られるで!
ギャラリー
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 羅臼知円別港のオオセグロカモメのコロニー
  • 知床ウトロ港のケイマフリ
  • 2022.7.14 知床半島ウトロ側のウミネコとオジロワシ
アーカイブ
  • ライブドアブログ