2018年12月

大晦日にヤマガラ

平成最後の大晦日の日に
うちに初めてヤマガラがやってきました。
ヤマガラはあまり、この近くでも見たことなかったので
嬉しかったです。
イメージ 1
大好きな鳥のひとつです。
正面から見た顔が特に好きです。
皆さん佳いお年をお迎えください。

12月27日羅臼から野付半島

北海道の西半分は大雪が降っていますが、道東は風が強いものの晴天です。
イメージ 1

ドラマ「北の国から」の最終章で「じゅん」が羅臼で寝泊まりしていた番屋のロケ地がまだあって夏の間は食堂をしています。あのドラマでは寂れた場所にあるように映されてましたが、実は羅臼の街の中の海岸沿いにあります。
イメージ 2

その「じゅんの番屋」の前浜でお腹を油で汚したオオセグロカモメが1羽いました。落とそうと一生懸命羽づくろいをしています。この鳥の力では決して落ちないでしょう!助けてあげたいけど何ともならないですね。海に捨てられていた油が原因だと思います。
イメージ 3

羅臼から帰りに野付半島に寄ったらコミミズクが杭の上に止っていました。夕暮れ近かったのでピントが甘いのが悔やまれました。
また行こう!








羅臼の海

今日は羅臼の海が凪のようなので海鳥を観察に行きました。
凪は良かったものの鉛色の海と空でぜんぜん鳥の写真は撮れませんでした。
なので、キタキツネが雪の上にいたので撮ってみました。
キタキツネはどこにでもいるのでワザワザ撮ることもなかったのですが、たまにはいいでしょう。
イメージ 1
雪の中に顔を突っ込んでいたのか顔に雪がついていました。
観察した海鳥
スズガモ・シノリガモ・ウミアイサ・カワアイサ・クロガモ・アカエリカイツブリ・ケイマフリ・シロカモメ・ワシカモメ・カモメ・オオセグロカモメ・セグロカモメ・ヒメウなど
海獣:トド

12月23日落石クルーズ

久しぶりの更新です。
帰省していたり忙しかったりとブログ更新ができませんでした。
本日は、久々の落石クルーズのガイドをお願いされ行ってきました。
イメージ 1
落石漁港の港の中ではコオリガモやハジロカイツブリそしてクロガモなどが見られました。
イメージ 2
今日は、海鳥類が少なめでしたが、ウミバト・ウミスズメ・ケイマフリが見られました。
イメージ 3
ケイマリ
イメージ 4
解り難いですが、ユルリ島の波打ち際にゼニガタアザラシが上陸していました。
イメージ 5
ヒメウの群れが多数上陸していたので、もしかしたらチシマウガラスもいるかも知れませんと伝えるとお客さんから「いました!」っと返事がありました。防振用の双眼鏡の威力を発揮して発見されたようです。

野付のうみどり

とうとう大雪が降ってしまいました。
それも二十四節季の「大雪」に中標津でも40㎝は積もったと思います。
雪が積もった野付半島に何かいないかな~と思いでかけました。
ユキホオジロは来ているようですが、歩くのは面倒なので海鳥だけを見ました。
イメージ 1
アビが数羽いました。野付の外海はアビが多く見られます。
羅臼などでは少ないです。
野付の特徴だと思います。
イメージ 2
クロガモもたくさん泳いでします。

特に珍しくもありませんが、オオワシもいます。
イメージ 3

ギャラリー
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 羅臼知円別港のオオセグロカモメのコロニー
  • 知床ウトロ港のケイマフリ
  • 2022.7.14 知床半島ウトロ側のウミネコとオジロワシ
アーカイブ
  • ライブドアブログ