2018年08月

8月31日知床半島先端部

絶滅危惧種のある鳥を研究する友人を乗せて知床半島の先端部にボートで行きました。
今の時期は、カラフトマスの遡上の最盛期
それを狙って各河川ではヒグマが頻繁にマスを獲っています。
今回は定置網にかかったマスをヒグマが獲って食べていました。
イメージ 1


2018.8.28羅臼沖


羅臼のネイチャークルーズのエバーグリーンに乗せてもらいクジラと海鳥を観察しました。
イメージ 1
ツチクジラが浮上してきました。3頭以上はいたと思います。

イメージ 2
この季節のメインはマッコウクジラです。一度潜ると40分以上浮上しないため30分ほど待っていると浮上してきました。

イメージ 3
日露の中間ラインのロシア側での浮上だったので、これ以上近づけませんでした。

イメージ 4
ハシボソミズナギドリもまだたくさんいました。
糞をしながら飛んでいました。
クジラ類は、ミンクジラ・ツチクジラ・マッコウクジラ・イシイルカ・カマイルカ
海鳥は、オオハムsp・フルマカモメ・アカアシミズナギドリ・ハイイロミズナギドリ・ハシボソミズナギドリ・アカエリヒレアシシギ・ハイイロヒレアシシギ・アジサシ・オオセグロカモメ・ウミネコ・ミツユビカモメ・ウミスズメ・カンムリウミスズメ・ウトウ


8月12日野付半島外海クルーズ

野付半島の外海クルーズが航行されると聞き参加しました。
イメージ 1
沖合に鳥山が見えたので、そちらに向かって行くようにお願いしました。

イメージ 2
鳥山の上空にトウゾクカモメが出現しました。

イメージ 3
鳥山の中からネズミイルカモ出現しました。
ネズミイルカは初撮影です。
なかなか全身を見せてくれないイルカです。

イメージ 4
ハイイロミズナギドリも鳥山に向かって行きます。

鳥山には、ケイマフリ・ウトウ・オオハムsp・オオセグロカモメ・ウミネコ・ミツユビカモメ・ハシボソミズナギドリ・ハイイロミズナギドリ・アカアシミズナギドリ・トウゾクカモメが群がっていました。
とても楽しいクルーズでした。






8月5日羅臼のシノリガモ

羅臼の海岸で海鳥を観察しました。
川の河口でシノリガモが休んでいました。
すべてエクリプスですが幼鳥も混ざっていると思いますが識別が解りません。知床周辺の川で繁殖していると思われます。
イメージ 1

他の海鳥類
 ウミウ・ウトウ・フルマカモメ・ミツユビカモメ・ウミネコ・オオセグロカモメ
クジラ類
 イシイルカ・カマイルカ


ギャラリー
  • 甘えん坊のノスリの幼鳥
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコース
  • 野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコース
アーカイブ
  • ライブドアブログ