2018年07月

7月29日もケイマフリ

今回もケイマフリです。
ケイマフリが雛に持ち帰る魚を撮影して餌分析を行っています。
この調査で知床ウトロの海の状態や魚の状態が少し解ります。
これまでは、9割以上がイカナゴでしたが、今年は他の魚を多く持ち帰ります。
イメージ 1






7月28日のケイマフリ

7月28日のウトロのケイマフリ
イメージ 1
ツマグロカジカを捕りました。
ほんまは、雛にイカナゴを持って行きたいけど、今年はイカナゴが少なくてカジカで我慢してや!でもトゲがあって雛も「この魚嫌いや!」と言うんや!




7月27日ウトロのオジロワシ

イメージ 1
ウミウやオオセグロカモメが巣立ち。そしてオジロワシの雛も巣立ちました。
ウミウやオオセグロカモメの巣立った幼鳥を狙ってオジロワシが続々と知床の海岸に集結しています。






7月20日ケイマフリ

ケイマフリ生息調査へ
イメージ 1
例年、ケイマフリが雛に持ち帰る魚は90%がイカナゴなのですが、今年はエゾメバルを運んでいます。イカナゴ少ないのかな?







2018年うみどりWEEK開催中です。

忙しくて更新がなかなかできません。
現在、こんなことやっています。
イメージ 1

解説はふーさんjrが行っています。
ギャラリー
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 羅臼知円別港のオオセグロカモメのコロニー
  • 知床ウトロ港のケイマフリ
  • 2022.7.14 知床半島ウトロ側のウミネコとオジロワシ
アーカイブ
  • ライブドアブログ