2017年07月

今日の公園

今日は中村町の「なつみずたんぼ」を双眼鏡でくまなく探すも鳥かげなし、何時もの公園へ、バードバスこの暑さ、スズメも来ませんでした。

イメージ 1
「エナガ」
ふーさん、私達のこと考えて、ブログに話してくれてるのちゃんか?バードバスにな~にも鳥さん来ない、当たり前や、なんぼnakaちゃん水道の冷たい水入れてくれてもすぐに、暑くなるんや。

イメージ 2
「エナガ」
ふーさん、水浴びちゃうやろ、温泉(41度)や、メジロさん無理や。私達仲間もアカン。犬と一緒や、口開けて、温度調整や?

イメージ 3
「エナガ」
nakaちゃん、明後日から山登りか、公園の管理、誰がするんか、決めといてや。

旅の思い出と北海道最終日です、

今回の旅行計画たてたときから、飛行機の座席は行くときはも、帰りも左側を、行きは富士山を見て帰りは大阪城見れる座席は後ろでとりました。撮りたい鳥もガイドにメールをして、事前調べてもらい、用意周到?で、7月10日家を8時に出て、伊丹空港から羽田~中標津空港に、着くなり、2台の車で、野付半島(コヨシキリシマセンニュウ)翌日は、羅臼で(アビ)相泊漁港から漁船にて知床岬で(フルマカモメウミガラス)と最高の鳥撮りの日となりました。翌日は三度目の正直となるか、落石クルーズ乗船日です。乗る前に、林道で(エゾライチョウ)を撮り、クルーズ船でなんとか、(エトピリカ)撮れ大満足の一日でした、第三日目は知床峠で(ギンザンマシコ)と全て計画とおり撮れました。


イメージ 1
「野付半島」 あとは「マキニセンニュウ・エゾセンニュウ」でも、諦めました。
7月16日お世話になった、シーサイドホテルの女将さんにお別れをして最後にもう一度、この景色を見たくて車を走らせました。


イメージ 2
「野付半島」
この景色を、ゆっくり見ながら、ネイチャーセンターまで行きました。

イメージ 3
「ジャガイモ畑」
11時過ぎにガイドに車を返すため、野付半島を出て、ポー川へ(標津湿原)エゾセンニュウの鳴き声だけが聞こえました。U-ターンして、麿呂さんがいつも入れていたガソリンスタンドへ、中標津に行く途中に見た、ジャガイモ畑です。

イメージ 4
「ジャガイモ畑」 遥か地平線まで続いているように思いました。
今年も、ポテトチップはこれで安心だ、子供が喜ぶかな?。

イメージ 5
「左パール・右マロン」
セブン・パール・マロンと別れを告げ、ガイドと一緒に、昼食のお蕎麦を食べに行きました。

イメージ 6
「開陽台」
nakaちゃんが教えてくれた、「シマエナガ」の所もよりましたが、この暑さ、鳥さんも山の中に、逃げていましたよ。

イメージ 7
「開陽台」
この日は、霧・靄で、海を見ることが出来ませんでした。

イメージ 8
「大阪城」
18時4分大阪城が見えました、この景色が撮りたくて、最後尾の左に席を撮りました、夕方で見れるのかなと思いましたが、ふーさんを励ますように日本一のお城を見せてくれました、新しく7種も増え楽しい旅となりました

浜・干潟も暑かった

毎日暑い日が続き、ふーさんんも嫁もバテ気味、車でお買い物のお付き合いです、26日の浜・干潟は今日以上に厚く感じました、干潟の突堤の横はまるで、蒸し風呂の中を歩いているようで、さすがこの暑さでは、鳥も焼き鳥になるのが、イヤなのかな~にも居てませんでした。

イメージ 1
「ウミネコの群れ」
ふーさん、いつも言うてるやろ、「数は力なり」この暑さや、なんぼ近づいてきても動かへんで。

イメージ 2
「ウミネコ」
ふーさん、公園も暑さに負けて、鳥さん達、山に避難してると聞いてるよ。

イメージ 3
「シロチドリ」
ふーさん、仲間、たくさんいてるよ。

イメージ 4
「シロチドリ」
抱卵中?違うよ、こうしてると、涼しく感じるんや、近づいたら嫌や。

イメージ 5
「シロチドリ」
頭が白い、幼鳥かな?

イメージ 6
「ハマシギ」
越夏?もう渡りが始まった?第一弾か?ふーさん全部?やな。

イメージ 7
「キアシシギ」
そうや、光昌先生のブログにも、渡りは始まった?やろ。

イメージ 8
「アオアシシギ」なつみずたんぼ」7月21日撮影、
ふーさん、鳥友さんから連絡や、「コアオアシシギ?」確かに痩せてるから小さく見えるな、でも、嘴が上に反ってるから「アオアシシギ」確定や。

イメージ 9
「水たんぼ」
ここは毎年このような状態ですね、「なつみずたんぼ」には、なりません、でも、この横の田んぼ、自分の家で食べる米ですので、農薬ほんの少しにしているとおじさん言うています、ですから、畦には、ジシギが毎年見れます。

アオバズク・父・母・幼鳥2羽の神社へ

鳥友さんから、雛が出たよで、22日いつもの神社へ行きました、神社の参拝の所へ、お願の御賽銭、鈴を鳴らし「二礼二柏手一礼」家内安全とよい鳥との出会いがありますようにお願いいたしました。

イメージ 1
「アオバズク父」
ふーさん、来てくれたんや、今年も無事雛が孵ったよ、皆さんにお見せする日がやっつてきました、本当にうれしいです。

イメージ 2
「アオバズク」
左がお母さんや、右2羽幼鳥や。お父さんが上で見てくれてるから安心や。

イメージ 3
「アオバズク」
右の幼鳥、お母さんにすり寄っていきます、甘えてるのか、ふーさん来てること知らせたのかな?です。

イメージ 4
「アオバズク」
たくさん、バーダーさん増えて来てるよ、お母さん、何かサービス・芸せんとアカンのチャウか。

イメージ 5
「アオバズク」
私が、エンゼルポーズするわ。

イメージ 6
「アオバズク」
おまえがしたんか、負けてられへん、私の方が、兄や、姿おおきいやろ、エンゼルポーズも大きいよ。

イメージ 7
「アオバズク」
お母さん、これで、お客さん喜んでくれたかな。ふーさんは次の人に駐車場譲って帰りました。参拝してから、カメラ出してやお願いです、宮司より。

イメージ 8
「コシアカツバメ」
帰り道ですので、コシアカツバメの所により帰りました。


「なつみずたんぼ」の観察に

2017年6月29日のブログに(6月27日現在)「なつみずたんぼ」の調査結果報告いたしました、一ヶ月たち、今の現状を把握すべく昨日と今日で調査観察いたしました。
(各地区の「なつみずたんぼ」6月29日のブログに掲載しています)

イメージ 1
イメージ 2
「中村町なつみずたんぼ」 今日7月27日撮影です。(今日水入りました)
上の写真は6月22日「タマシギ」さんが来てくれました。
イメージ 3
「中村町なつみずたんぼ」7月21日「コチドリ」さんです。水ありません。
中村町の一枚は「なつみずたんぼ」OK・草抜き8月盆までにしようかな?

イメージ 4
「金岡高校周辺なつみずたんぼ」 6月26日撮影
イメージ 5
「金岡高校周辺なつみずたんぼ」 7月27日撮影
此処の一枚も「8月15日過ぎる頃が、シギチで楽しませていただけるかも?

イメージ 6
「分度器池なつみずたんぼ」6月26日撮影
イメージ 7
「分度器池なつみずたんぼ」7月26日撮影
秋のシギチ楽しみですが、一部分、稲(もち米)作っています、収穫時水抜きますので、それまでの期間に見れるかもです。

イメージ 8
「船渡池周辺なつみずたんぼ」6月26日撮影
イメージ 9
「船渡池なつみずたんぼ」7月26日撮影 コサギが餌を探していました。
此処も除草剤かなり撒かれていますが、雨のおかげ?で薄められて「コサギ」さんが、7羽今日見れました、可能性ありです。
イメージ 10
「船渡池なつみずたんぼ」6月26日
イメージ 11
「船渡池なつみずたんぼ」7月26日撮影
環境も良く、撮影もしやすく、来てくれるのを期待しましょう。

イメージ 12
「石原町なつみずたんぼ」6月26日撮影
この場所、写真で判ると思いますが、左・右二枚並んでいます。左側、除草剤撒いていますが、右側そのままです。
イメージ 13
「石原町なつみずたんぼ」7月27日撮影
左の「なつみずたんぼ」になると思いましたが、かなりの除草剤撒いていますので上の写真と変わりません、右の所は、雑草が生い茂っています。可能性?です。

イメージ 14
「石原町なつみずたんぼ」7月27日撮影住宅の裏です、撮影に注意が必要です。

イメージ 15
「石原町みずたんぼ」7月27日撮影
ふーさんは、「水たんぼ」と呼んでいます、6月撮影と全く同じ状況です、草木の一本も生えていません。
イメージ 16
「石原町みずたんぼ」7月27日撮影
上の写真と同じですね、畦道に、大量の除草剤撒いていましたので一ヶ月立っても変化ありません。餌もわきませんから、無理ですね。
イメージ 17
「大泉緑地公園」
百日紅の花が咲き始めました、毎年この花を見ると、親友のことを思い出します、入社以来、仕事場は変わっても、亡くなる直前まで付き合いがありました、床雀・ゴルフ・飲むことも楽しみました。

ギャラリー
  • 甘えん坊のノスリの幼鳥
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコース
  • 野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコース
アーカイブ
  • ライブドアブログ