2017年01月

カラアカハラ人気衰え知らず。

今日もカラアカハラ人気で、東京からも来てました、山田芳文先生再来園、聞くと、前回撮ったが、何か物足りないので、再度撮りに来たそうです、さすがプロカメラマンと思いました。

イメージ 1
「カラアカハラ」
ふーさん、何感心してるんや、プロとはそう云うもんや、昨日より、今日の出来より・明日もやと、最高の写真やないと、「カレンダー」なんて売れないし、山と渓谷社からの依頼もないわ。

イメージ 2
「カラアカハラ」
ふーさんのええ加減さ、Tecasoさん呆れてたやろ。この画像見たら、バック(背景)考えたこと判るけど、ちょっと、明るいのチャウ?露出の問題やな。

イメージ 3
「トラツグミ」
ふーさん、今頃、キャノンの本見てどうするんや?。

イメージ 4
「トラツグミ」
ふーさん、ブログに登場するの久しぶりや、バーダーさん、カラアカハラのところか?

イメージ 5
「タシギ」
ふーさん、アカハジロ探しに来たんか、この池「ミコアイサ」はたくさんいてるけど、アカハジロ見てないよ。

イメージ 6
「タシギ」
ふーさん、証拠写真載せといて、仲間7羽いてるよろ、あと、オカヨシガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・ハシビロガモ・コガモ・ヒドリガモ・オオバン居てるよ・

大泉緑地公園「カラアカハラ」旅立つ準備?

今日の公園・日曜日、「カラアカハラ」訪ねてたくさんのバーダーさんが来てくれていました。ボツボツ旅立つ準備?大きな木の中に飛び立つ姿が多くなってきました。

イメージ 1
「カラアカハラ」は数少ない旅鳥として主に日本海の島しょや南西諸島での記録が多いと、真木先生の野鳥650に書いてあるやろ、越冬地・繁殖地は図のとおりや。

イメージ 2
「カラアカハラ雌」
ふーさん、今日は尊敬する写真家の山田芳文先生に会えたんや、タカサゴクロサギ以来やな、それでか、真剣な顔して写真撮ってるやん。

イメージ 3
「カラアカハラ」 ふーさんの野鳥難易度7度
そうやな、この公園に来て感じたことは、なかちゃん、はじめみなさん親切や、遠来の人今日も来てたけど、ちゃんと接待してるな、さすが元総務部長?公園の管理人やろ。

イメージ 4
「カラアカハラ」
ふーさん、ちゃんと写真に収めとかんと、今度いつ会えるかわからんからな。嘴の形状か。

イメージ 5
「カラアカハラ」
ふーさん、カメラレンズ、先生の真似して、下からのアップ、ノートリミングでOKや。

イメージ 6
「カラアカハラ」
ふーさん、レンズ200mmにして、ノートリミングで、下からの撮影か。

イメージ 7
「カラアカハラ」 300mmノートリミング
ふーさんの家のピラカンサスの実、美味しいよ、おかげで体力でき、いつでも旅立ちできるよ。

イメージ 8
「カラアカハラ」在庫から
ふーさん、こんな要望もあったな、思い出すよ。今は無理や、ヒヨドリさんすぐ来るからな。

イメージ 9
「カラアカハラ」在庫から
ふーさん、初めて持ってきてくれた日のこと思い出すわ。

イメージ 10
「カワセミ」
大泉公園の木道のカワセミさんです、今日も「アカハラ」「オオアカハラ」「アリスイ」「シロハラ」「オオタカ」さんがいてます。他の場所には「イカル」「シメ」「アトリ」「トラツグミ」「カシラダカ」が見れますよ。勿論留鳥の、メジロ・シジュウガラ・エナガ・コゲラ・モズ・ウグイス・アオジ・カワラヒワ・がいてます。

午前中鳥撮りをして、思い出の当麻寺~山口神社へ

今日は、なかちゃんのブログ見て、エナガを追いかけていきました、昼は、けはやうどん(お餅入り)を食べ、当麻寺から山口神社~傘堂へ、帰り道寄り道をしながら、「アカハジロ」探しましたが居てませんでした、4時帰宅。

イメージ 1
「ボケとメジロ」
ふーさん、神戸・淡路大震災の月に、親父なくなったんや、その年から、友人に勧められ、嫁さんも山歩き始めたんやな。(ふーさんは前年・白山・伊吹山登りました)

イメージ 2
「ボケとメジロ」
7月に白馬岳に行く計画をたて、足腰を鍛えるため、二上山登山口(大阪)から、雌山・雄山を越えふるさと公園で昼食事をするようになりました。


イメージ 3
「メジロ」 
ふーさん今年のメジロと花シリーズは、やっぱりボケの花やな。

イメージ 4
「ジョウビタキ」
ふーさん、それから、孫の長女(1歳4ヶ月)と、20年前この前の小川で遊んだな、今も同じ景色や、時計だいの小屋も一緒や。

イメージ 5
「ルリビタキ」
ふーさん、此処が嫁さんとの最初の訓練場所やねんな。懐かしいな、アイスクリーム売り場も。靴下もまだ売ってたんや。ビックリポンや。

イメージ 6
「エナガ」
駐車場も、三ヶ所もできてるやろ、食堂もおなじや。

イメージ 7
「当麻寺」 国宝
7世紀創建の寺院。法号は「禅林寺」。山号は「二上山」。創建時の本尊弥勒仏(金堂)であるが、現在信仰の中心となっているのは当麻曼荼羅(本堂)である。宗派は高野山真言宗浄土宗の並立となっている。開基(創立者)は聖徳太子の異母弟・麻呂古王とされる。

イメージ 8
「当麻寺東塔」国宝
三重塔で、総高(相輪含む)は24.4メートル。細部の様式等から、奈良時代末期の建築と推定される。初重が通常どおり3間(柱が一辺に4本立ち、柱間が3つあるという意味)であるのに対し、二重・三重を2間とする。日本の社寺建築では、柱間を偶数として、中央に柱が来るのは異例である。

イメージ 9
「当麻寺西塔」国宝 現在修理中でした。
三重塔で、総高(相輪含む)は東塔よりやや高い25.2メートル。様式からみて、東塔よりやや遅れ、平安時代初期の建築と推定される。西塔は、高さ以外にも東塔とは異なる点が多い。柱間は初重から三重まで3間とする。屋根上の相輪が八輪になっている点は東塔同様だが、水煙のデザインは未敷蓮華(みふれんげ)をあしらったもので、東塔のそれとは異なっている。初重内部は心柱の周囲に板を張り、そこに三千仏図と浄土曼荼羅図が描かれていた痕跡がある。

イメージ 10
「山口神社」
二上山を下山して最初にお参りするところが、この神社で、今日も家内安全と良い鳥との出会いがありますようにお祈りいたしました。

イメージ 11
「式内大社・山口神社」
延喜式神名張(901年)にすでに記録として残っていますので、それ以前に存在し村人の信仰があったと思われます。

イメージ 12
「傘堂」
この前の道を左に折れますと、公園に向かいます、前の道を進むと当麻寺に着きますよ。この後、カシラダカを撮りたいと思い、ミヤマホオジロの里へ行きましたが撮れませんでした、アカハジロも不在です。

カシラダカ絶滅危惧Ⅱ類に

今日の公園は、相変わらず「カラアカハラ」人気でした。でも、私は、「カシラダカ」を撮りたくて待ちましたが、出てきません、F鳥友さんから連絡いただき撮ることが出来ました、感謝・感謝です。

イメージ 1
「カシラダカ」
カシラダカが絶滅危惧II類に、冬に里山に行くと群れ飛ぶ姿をみることができるカシラダカ。今回行なわれたIUCN(国際自然保護連合)のレッドリストの改定で,彼らが世界のレッドリストで絶滅危惧II類に選定されるほど厳しい状況にあることが示されました

イメージ 2
「カシラダカ」
アジアの陸鳥のモニタリングの会議(2016年11月号)でもカシラダカの減少は注目されてきました。急減してしまったシマアオジと同じようにヨーロッパの繁殖地で個体数が急激に減少し,分布の縮小も見られています。そして日本でも福井県織田山の標識調査の捕獲記録でカシラダカが急減していることが報告されています(2016年12月14日 著者:植田睦之 さんより引用)NPO法人バードリサーチ。

イメージ 3
「カシラダカ」 ふーさんの野鳥難易度5度認定
ふーさん、2016年12月11日正式に絶滅危惧Ⅱ類に指定されたんや、堺の里山でも最近見るの少なくなったやろ、大事にしてや。

イメージ 4
「カラアカハラ」
ふーさん、「カシラダカ」撮れたんか、今日も東京から私見に来てくれたんや。

イメージ 5
「カラアカハラ」
ふーさん、呼んだから出て来たよ、今日は、管理人二人ともお休みか?。でもちゃんと引継ぎしてくれてるんや、Sさん、朝8時には来てくれてたよ。

イメージ 6
「アリスイ」
今日の目的は「カシラダカ」さんやろ、早く出てきて言われても、こっちの都合もあるよ。

イメージ 7
「シロハラ」
アリスイさん、待ってる間に、私がポーズするから、ブログに載せてんか。

イメージ 8
「アオジ」
ふーさん、目の前や、チ・チチッと鳴いて合図してるやろ。

イメージ 9
「カワラヒワ」
ふーさん、上行基池の仲間紹介してたな、この公園にもたくさんいてるよ。

イメージ 10
「アカハラ」
ふーさん、最近オオアカハラ見てないな。この場所楽しいやろ。いろんな鳥見れるからな。「カワセミ」「クイナ」も居てるよ。運が良ければ、オオタカ・ベニマシコも来るからな。





大津川~浜~干潟~上行基池から、池巡り

今日は朝から、大津川~浜~干潟~上行基池から、昨日行くことが出来なかった、池を「アカハジロ」探しましたが居てません、最後にもう一度、消えた池、見ましたが戻って来てませんでした。

イメージ 1
「ツクシガモ」 78羽確認
ふーさん、1月11日大阪府ガンカモ調査のとき、仲間117羽いてたやろ、今日も数確認してくれた、環境変わってるやろ、西側の岸まで、100mないよ。

イメージ 2
「ハジロカイツブリ」
ふーさん、水深50cmぐらいで、此処でも深い所で、1mぐらいや、だから「カンムリカイツブリ」居てなくなったよ。

イメージ 3
「ウミアイサ」
ふーさん、1月11日4羽いてたやろ、ツクシガモさんも少なくなったけど、私たち仲間2羽だけになったわ。

イメージ 4
「ハジロカイツブリ」
私たち仲間は、同じや(12羽)エサ場も少なくなったから(埋め立てにより面積が縮小)オナガガモさん10羽程・スズガモさん17羽(同じ)。

イメージ 5
「コチドリ」
ふーさん、干潟でシギチ写真撮れなんだんか、居てなかった?。

イメージ 6
「イカルチドリ」
ふーさん、此処にはたくさんシギチ居てるやろ、2月も居てるからな。

イメージ 7
「ハジロコチドリ」
ふーさん、上行基池に来ても注文か、橙色の嘴と足が特徴・嘴・泥で見えないてか。

イメージ 8
「ハジロコチドリ」
ふーさん、私たち仲間初見は、愛知県まで行ったんやろ、ふーさんの野鳥難易度7度に認定されてるんや。





イメージ 9
「ハジロコチドリ」 
ふーさん、私珍鳥や、どこにでもいてるのちゃうこと、皆さんに知ってもらってや。

イメージ 10
「シロチドリ」
ふーさん、私たち仲間もここに居てること、紹介しといてや。

イメージ 11
「イカルチドリ」
ふーさん、こんな、ポーズなかなかしないよ、だから、ブログに載せて。

イメージ 12
「カワラヒワ」
ふーさん、昼になったよ、次行く予定あるんやろ。

イメージ 13
「カワラヒワ」
ふーさんの公園「カラアカハラ」で人気抜群やな。明日は公園やな?。




ギャラリー
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 羅臼知円別港のオオセグロカモメのコロニー
  • 知床ウトロ港のケイマフリ
  • 2022.7.14 知床半島ウトロ側のウミネコとオジロワシ
アーカイブ
  • ライブドアブログ