2016年04月

今日も公園へ「マミジロ」を

浜・干潟は潮目が5月2日まで悪いため、今日も公園へ行きました。「マミジロ」「クロツグミ」「キビタキ」「コルリ?」です。
 
イメージ 1
「マミジロ」
ふーさん、今季初見やな、特徴は雄の全身黒色と白い眉班はめだつやろ。
 
イメージ 2
「マミジロ」
ふーさん、クロツグミの鳴き声も美しいけど、私もええ声してるよ。
 
イメージ 3
「マミジロ」
ふーさん、ええとこ止ったけど遠い、人様いっぱいや、いつの間に私スターになったんやろな。
 
イメージ 4
「キビタキ」
今日から、ゴールデンウイーク(大型連休)の始まりか、公園は、バーベキューが午前中から始まっていたな。
 
イメージ 5
「キビタキ」
それにしても、人・人・人やな、バーダーさんも50名以上いてるのちゃうか。
 
イメージ 6
「キビタキ」
ふーさん、バーダーさんの御蔭で、この水流地区守られてるかもな?。
 
イメージ 7
「頭泉池」
ハナショウブが綺麗に咲いていました、亀さんものんびり、甲羅干しをしていました。
その数、50匹はいてたと思います。

今日の公園

今日は25日大泉写真展撤収日以来の久しぶりの公園です、今日の鳥さんは「コルリ」
「マミジロ」さんで、バーダーさん、右往左往していました。
 
イメージ 1
「アカハラ」
夏鳥として、北海道から、本州の中部の平地から亜高山帯の落葉樹林などに生息する。
 
イメージ 2
「アカハラ」
ふーさん、真木先生の撮りに来た「オオアカハラ」と交替で来たよ。バーダーさん「カメラ」構えて「コルリ」待ちか。
 
イメージ 3
「コガモ」
ふーさん、清堂池に水入ったんや、此処に戻って来たよ。
 
イメージ 4
「コガモ」
ふーさん、2羽だけやから、番と思うやろな。
 
イメージ 5
「カンムリカイツブリ」
昨日の画像からです、夏羽になっていました。
 
 

アジサシがいつものようにいつもの所へ来てくれました。

今日は昼早く済ませ、アジサシの浜へ、(先日はコアジサシ)カメラをセット、傘と、カッパを着て用意していると、聞きなれた声が、「ギーギュイ・ギーヤ・キッ」の鳴き声がいたしました。
 
イメージ 1
「アジサシ」
ふーさん、今日は必ず来ると思ってたよ。
 
イメージ 2
「アジサシ」
一羽・ニ羽から、どんどん、海のほうから、ふーさん、めがけて、挨拶にやって来た。
 
イメージ 3
「アジサシ」
ふーさん、一人か、小雨降る中、逢いに来てくれたんやな。
 
イメージ 4
「アジサシ」
次から次へと、それも、東南アジアの遠いところから挨拶にやって来た。
 
イメージ 5
「アジサシ」
ふーさん、飛行連隊、tecasoさんと?シンガポールで逢ったかもな?。
 
イメージ 6
「アジサシ」
何・tecasoさんのブログ見てるみたいやてか、(Tecasoブログ)見てください。
 
イメージ 7
「アジサシ」
ふーさん、ベニアジサシはまだ早いよ、ハジロクロハラアジサシ・ハシブトアジサシ・クロハラアジサシ・みれるかも。
 
イメージ 8
「今日の干潟」
ふーさん、ビックリポンや、いつものシギチ大好きメンバー・6名先着や。
 
イメージ 9
「キアシシギ」
ふーさん、今季、初めてやろ、ブログに載せといてや。明日は公園からスポーツセンター行きか、干潟休むんか、仕方ないな。
 
 
 

ヨロッパトウネン・ふーさんの野鳥難易度8度が干潟に

今日は行く予定がなく、バッグを担ぎ、玄関へ、自然と車のカギを手に、雨模様だし、干潟へ行くことにして車を走らせ、昼はいつもの食堂で済ませました、「ヨーロッパトウネン」先生が来て見つけてくれました。
 
イメージ 1
「ヨロッパトウネン」
ふーさんの野鳥難易度8度やろ、鳥友さんに、毎年見てるから、難易度下げなアカンなんてこと言うねん、行基池で毎年見てるからか?。
 
イメージ 2
「ヨロッパトウネン」
上の個体とは、別個体やで。「百聞は一見にしかず」?ふーさんは、千回見て一見やと思うよ。
 
イメージ 3
「ムナグロ」
アップに耐えられる画像の日か?
 
イメージ 4
「メダイチドリ」
私はどうや。大丈夫かな?。
 
イメージ 5
「キョウジョシギ」
アップ画像に挑戦してるんか。
 
イメージ 6
「キョウジョシギ」
ふーさん、飛んでる所は無理やったな。京女の着物姿見せたいもんな。
 
イメージ 7
「オオソリハシシギ」
真っ赤な・真っ赤な、成長夏場の美しい姿見てくれるか。
 
イメージ 8
「オオソリハシシギ」
ふーさん、お願い、右の個体も随分赤くなってきたやろ、今度会うときは、同じ色してるから、区別でけんようになるよ。
 
イメージ 9
「スズガモ」
ふーさん、明日にも帰るから、これが逢えるの今季最後かな。

今日の干潟は暑かった

今日は夏日?朝からエヤコンをかけての走行となりました、干潟に着きましたが、まるで夏の様、いつもの食堂ですませ、再度干潟へ行きました。
 
イメージ 1
「コチドリ」
ふーさん、暑いな、もう夏や、これからどないしょう。
 
イメージ 2
「オオメダイチドリ」
ふーさん、地球おかしいの違う、こんな暑さなれてないわ、まるで犬?てか。
 
イメージ 3
「ツクシガモ」
終認記録や、私だけ(一羽)残って、ふーさん、来るの待ってたんや、また今冬来るからな、歓迎してや。
 
イメージ 4
「オオソリハシシギ」
ふーさん、此処までの夏場見たことないやろ、綺麗や言うてくれたんや。
 
イメージ 5
「干潟の風景」
ふーさん、お目当ての鳥、いてなかったんや、明日来るつもりやろ・。
ギャラリー
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 羅臼知円別港のオオセグロカモメのコロニー
  • 知床ウトロ港のケイマフリ
  • 2022.7.14 知床半島ウトロ側のウミネコとオジロワシ
アーカイブ
  • ライブドアブログ