2015年10月

ミゾゴイで256種目となりました

今日は朝からH公園へ、「ミゾゴイ」を撮りに行きました、昼帰ると、メールあり、東の海に珍鳥が出た、13時すぐに出発、14時30分現地到着でも鳥さん居てません、16時20分まで待ちましたが現れず、再挑戦「行動なくして成果なし」実践してみるか。
 
イメージ 1
「No137 ミゾゴイ」
着くなり、ふーさん、鳥友さん此処にお出で、カメラセットし、露出等々確認していると、ふーさん、撮れたか?まだや、なにしてるんや、目の前にいてるやろ。
 
イメージ 2
「ミゾゴイ」
ふーさん、カメラ何処へ向けてたんや、アホちゃうか、私は目の前にいてるやろ、ノートリミングでOKや。
 
イメージ 3
「ミゾゴイ」
ふーさん、無理もないわな、昨日は機嫌悪かったから、柵の向こうやったな。それ聞いてきたんか、今日はふーさん、来るから待ってたんや。
 
イメージ 4
「ミゾゴイ」
ふーさん、ロープ写しておいてや、此処の前に来たら、イヤヤからな。
 
イメージ 5
「ミゾゴイ」
ふーさん、これなんやろな、ミミズでもないな、長いよ、でも美味しいわ。
 
イメージ 6
「ミゾゴイ」
トキなどと同じく国際保護連合(IUCN)の絶滅危惧種に指定されているミゾゴイ。
身の危険を感じると何時間でも直立不動のまま動かなくなる習性があります。その様子は木の枝と見分けがつかないため、人里の近くに生息していながら、人の目にほとんどふれることがない幻の鳥といわれています。
 
 
イメージ 7
「ミゾゴイ」
ふーさん、枚岡公園の仲間たしか、沖縄から、本州の動物園で、子供生んだ記事よんだやろ、大事にしてや、

ビンズイでビッグイヤー255種目となりました

今日は昨日撮れなかった「ビンズイ」さん、撮りに出かけました、少し移動していましたが、草むらの中にいるのを見つけることが出来ました。
お知らせです・ブログのすべての記事の一番下に・TecasoさんのHPをクリックしていただきますと画面が変わりURLが表示されますのでクリックいただきますとTacasoさんのホームページに移行いたします、ふーさんの2016年カレンダーが見れますので是非見てください、印刷もできます。
 
 
イメージ 1
「No580 ビンズイ」 ビッツグイヤー255種目となりました
ふーさん、根性みたわ、よう、こんな草むらの中にいてるの見つけたな。
 
 
イメージ 2
「ビンズイ」
なに・「行動なくして成果なし」その言葉聞くの久しぶりや、反省してるもんな「アカアシカツオドリ」木曜日、行く予定あったからな、鳥に羽根あるの思い出したんや。
 
 
イメージ 3
「ビンズイ」
ふーさん、3年前は此処も環境よかったけど、今、池のヘリは魚釣りの人で近づけられへん、松の木の下も綺麗な道になって、散歩する人多いもんな。
 
 
イメージ 4
「ビンズイ」
空みやげたら思い出すわ、千里のスズメと言われていたけど、そこの場所も、環境良くなって、私たち仲間少なくなったよ、鳥友さん言うてたやろ。
 
 
イメージ 5
「ビンズイ」
ふーさん、「Tecaso」さんで検索してもらったら、ホームページ見れるやろ、鳥から~飛行機まで見れるし、レンズ・カメラの勉強にもなるな。ふーさんのパソコンの先生やろ、(僕は謎のパソコンおじさん)だそうです。

TecasoのHP

Tecasoのホームページは、下のURLをクリックしてください。

20151029

キクイタダキでビッグイヤー254種目となりました

今日はいつもの公園で「カワセミ」狙いで、着くと「ビンズイ」昨日出たよ、昼帰り、行基池行く予定していましたが「ビンズイ」又出たで公園んへ、居てません、突然、みなさん、キクヤで一目散に向かい側へ相変わらず手強く良い写真ありません。
 
イメージ 1
「No438 キクイタダキ」 ビッグイヤー254種目となりました
日本で見られる鳥の中では いちばん小さく、体長10cm・体重5グラムほど。全体はうすい緑色をしていて、頭のてっぺんが鮮かな黄色で、菊の花びらが貼りついているようなので、この名があります。
 
イメージ 2
「キクイタダキ」
本州以北の高い山で繁殖し、秋冬は低地や暖地の林でも見られる。針葉樹の上部を好むので、 頭上の黄色を見るには苦労する。 ジーと細く濁った声。 さえずり:細い声でツピチツピチ と 鳴きます。
 
イメージ 3
「キクイタダキ」
ふーさん、名前の由来判ったやろ、この紋どころが目に入らんか、水戸黄門印籠のシーン思い出すやろ。
 
イメージ 4
「キクイタダキ」
ふーさんの腕では難しいやろな、日本では一番小さいやろな、それで動きは早いは、高い枝や、松の木が好きやから、頭が痛くなるやろ。
 
イメージ 5
「キクイタダキ」
ふーさん、もう一つ特徴ああるよ、目の回りは白っぽく、嘴と足は黒褐色。嘴は小さくて細く翼の雨覆に黒と白の模様がある。
 
イメージ 6
「キクイタダキ」
ふーさん、これから、当分此処にいてるから、また、仲間も増えたら撮りやすくなるから、ええ写真ブログに載せてや。
 
イメージ 7
「カワセミ」
ふーさん、ブログ登場久しぶりや、今日の目的やったのに、お菊さんに紙面奪われたわ。
 
イメージ 8
「アリスイ」
今日の2羽でたよ、ふーさん、根気ないから無理やな。明日は再挑戦「ビンズイ」か。
 
ギャラリー
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 羅臼知円別港のオオセグロカモメのコロニー
  • 知床ウトロ港のケイマフリ
  • 2022.7.14 知床半島ウトロ側のウミネコとオジロワシ
アーカイブ
  • ライブドアブログ