2015年08月

ジシギ探しに行きましたが成果なし、画像ありません

今日は公園を予定していましたが、天気予報、雨模様とのこと、車で、巡回出来る所のジシギ探しに出かけました、昼からは週の初めのスポーツセンターです。
 
イメージ 9
「石原町の休耕田・Ⅰ」 撮影日2014年8月31日
昨年この場所で、チュウジシギ撮っています、今日も、N公園の鳥友さん、単車でジシギ探しに来ていました、そこへ大泉の御嬢さんも来ましたが、見つかりません。
 
イメージ 10
「石原町の休耕田・Ⅱ」 撮影日2013年8月8日
此処の休耕田は昨年から、稲田に変わっています。ドンドン、田んぼになり、オオジシギさん、今年は見れないかもです。
 
イメージ 11
「石原町の休耕田・Ⅱ」 撮影日2013年8月8日
ヒバリシギさんです。オオジシギさんと一緒に現れました。
 
イメージ 12
「石原町ヤマダ電機の裏」 コアオアシシギ・アオアシシギ
2010年8月23日かなり古く5年前になりますが、こんな休耕田このころ、この周辺に沢山ありました、
 
 
イメージ 1
「石原町の休耕田」 2010年9月27日
この場所は翌年には、田んぼになり、それ以来見ることはありません。
今年の石原町休耕田(水田)は2ヶ所のみで、ジシギは見れないのかな
 
イメージ 2
「北池周辺の休耕田」 2014年9月4日 ウズラシギ
北池周辺は、一番、ジシギの環境によかった所でした、何故なら、大きな北池がありそのすぐ横にこのような休耕田が、何枚もありました、今は荒地になっています。
 
イメージ 3
「北池」 2013年9月30日 ツルシギ
蓮の上に来てくれました、でも今年は、近くに休耕田ありません、
 
イメージ 4
「北池周辺の休耕田」 2012年9月4日~8日までエリマキシギ
ふーさん、この休耕田、毎年楽しみやったんや、タカブシギも来たし、よかったな、田んぼ(稲田)に変わって今年で3年になるな。
 
イメージ 5
「北池周辺の休耕田」
ふーさん、毎年此処で「チュウジシギ」見れてるな、今年は?にしてるの、なんでや、農作業する人も大変や、畦の除草刈り取り大変や、(此処へ来ても食べるもの?)
北池周辺の休耕田一枚ありますが、草が茫々で見込みありません、大泉緑地周辺の変化を見てとれる地域です)
 
イメージ 6
「金岡高校周辺の休耕田」 2010年8月29日
この休耕田、私が鳥撮り始めた時から、水田でしたが、2年前から、田んぼ(稲田)に変わりました、この地域、他に、4ヶ所、休耕田ありましたが、今は、一枚のみでも、そこが、ジシギの環境、一番いいところです、でも、セイタカシギは入りましたが、今日も、ジシギ見ること出来ませんでした。
 
イメージ 7
「松原の休耕田」 2010年9月26日 アオアシシギ・エリマキシギ
こんな、所もあったんや、思い出すな、Baさんが見つけたんや、ふーさんの家から、5分んもかからんかったな。
 
イメージ 8
「松原・タゲリの里」 2010年9月26日 タシギ
ふーさん、毎年此処で写真撮ってるのに、なんで、5年前やねん、環境変わった説明か、そうや、私たち(タシギ)あのころ懐かしいわ、タゲリも5年前だと100羽以上来てたもんな、今年たしか、25羽程言うてたな、環境変わるいうことは、食べるもの無くなることや、人様生活していかなアカンし、難しい問題やな。
(今日は上記の場所回りましたが、画像ありません、過去の写真ですみません)
 

今日の干潟のシギさん達

今日は、潮目が、大潮のため、小雨の中、合羽・傘をさしての干潟での鳥見となりました、でも、雨の中、鳥友さんとお会いでき、それも、ふーさんのブログ見て、干潟が、除草され綺麗になっているのを楽しみに来られたとのことでした。
 
イメージ 1
「キアシシギ」
ふーさん、○津川にも私たち仲間3羽確認してくれたやろ、ソリハシシギさんも2羽見たな。
 
 
イメージ 2
「オバシギ」
ふーさん、雨の中、ご苦労さんやな、干潟大好きやから、合羽きたらなんともないな、大きさ今日見れた中で、一番大きいよ、28,5cm。
 
 
イメージ 3
「トウネン・コチドリ」
ふーさん、左3羽見えるやろ、トウネン15cm・右コチドリ16cmや、比較の始まりか。
 
イメージ 4
「左ハマシギ・右ソリハシシギ」
ふーさん、ハマシギ21cm・ソリハシシギ23cm・小さく見えるのトウネン15cm。
 
イメージ 5
「ソリハシシギ」
ふーさん、ここで、3羽見れるの久しぶり違うか。
 
イメージ 6
「ソリハシシギ」
もう一羽此処にいてるよ、ふーさん、私のこと、大好きや言うてくれてるから、追加で紹介してくれる。
 
 

大泉緑地公園から休耕田をめぐりました。

今日はいつもの公園へ、鳥さん、ムシクイ類でも、前回より少ないきがいたしました、 鳥友さんとたわいのない話をしながら、10時までいましたが、目新しい鳥さん現れず、休耕田めぐりをすることにしました、約2時間自転車で、セイタカシギの所から、石原町、北池周辺・中村町・くまなく探しましたが、な~にもいてません、疲れ果て帰宅、気力も少し失せました。今年此処では、シギチ見れないと思うようになりました。環境も悪くなる一方です。
 
イメージ 1
「サルスベリ」
ふーさん、今日も、サンコウチョウみた人いてるやろ、まだ8月や、9月になったら渡りの鳥さん達必ず来る、待つことやな。
 
イメージ 2
「エゾムシクイ」
ふーさん、ほんまに、まだ8月や、235種撮ったんやろ、これから、メボソムシクイ・オオムシクイも来るから、エゾビタキ・サメビタキももうすぐや。
 
イメージ 3
田んぼの畝」
ふーさん、あせりすぎや、此処にもチュウジシギは必ず来るよ、「タカブシギ」「ヒバリシギ」は他県へ行き此処の環境では無理や、諦めも必要や。明日は、大潮か、また、干潟行きか、シギチの鳥友さん会えるな。

柳の下のドジョウはオバシギに変身していました。

今日は午前中、もう一度、クロサギ・コアオアシシギを見たくて出かけましたが、居てません、オバシギさんに変身していました。昼から金曜日はスポーツセンターです。
 
イメージ 1
「オバシギ」
ふーさん、私は4月9日大津川で撮ってるんや、「コオバシギ」はまだなんや。
 
イメージ 2
「オバシギ」
水浴びして、此処へ上がって来たら、ふーさんがいてるんや、ノートリミング大きい。
 
イメージ 3
「オバシギ」
ふーさん、私は幼鳥?やから、人様も車もあんまり見てないんや、恐いこと知らんからな。
 
イメージ 4
「オバシギ」
ふーさん、体だいぶ渇いてきたやろ、羽根の色もはっきりしてきたな。
 
イメージ 5
「オバシギ」
ふーさん、鳴き声聞いてくれたか、「ケッ・ケ・ケケキュ」や、覚えといてや。
 
イメージ 6
「オバシギ」
ふーさん、相変わらず、わがままや、あっち向け・こっち向け・最期に羽根を見せとろて言うんか、見返り美人みたいにか。これでええんんか。
 
イメージ 7
「アオアシシギ」
ふーさん、昨日は、大きさの比較で協力したやろ、ポーズとるから単独でブログに載せてんか。
 
イメージ 8
「トウネン」
ふーさん、アオアシシギ、ポーズとったらブログ載るんやったら、私もこれで、どないやねん、なんとかしてや。
 
イメージ 9
「トウネン」
ふーさん、足元ばっかり、見てるけど、足環付いてないな、一羽づつ確実にみてるか?50羽以上いてるよ、シロチドリさん、60羽以上・ハマシギ20羽程全てチェック出来るんか、帰って写真見るんか。そうか。

クロサギ・コアオアシシギでビッグイヤー・235種目となりました。

今日は潮目もいいので、助松干潟へ、ついて、すごく綺麗になっていました。2015年5月17日大阪府港湾局主催・助松干潟の「ワークショップ」について、参加したみなさんの考え、鳥のために何が必要か話し合いました、入口から干潟までの、ヨシ原残していただくようにお願いしたとおりなっていました、また他の所も除草がされていて、周囲も掃除されていました、(干潟に訪れるバーダーさん、港湾局の担当者に感謝です)昼・食堂でいつものオムライス(限定5食)を食べ、浜へ行きました。
 
イメージ 1
「No234 コアオアシシギ」 ビッグイヤー・234種目となりました。
ふーさん、マーカーで塗りつぶし快感か、でも、タカブシギ・アカアシシギまだやろ。
 
イメージ 2
「コアオアシシギ」
私の特徴は、嘴が細くて長い、嘴真っすぐや。どんなもんや。
 
イメージ 3
「コアオアシシギ」
長い足も特徴や、日本にやってくる数は少ないよ。
 
イメージ 4
「手前コアオアシシギ・奥アオアシシギ」
私(24cm)・アオアシシギさん、35cm大きさで識別第一や、アオアシシギさん、嘴真っすぐな個体もいてるからな。
 
イメージ 5
「手前コアオアシシギ」
ふーさん、比較好きやもんな、でも、ここで、随分待ってるんやな、アオアシシギさん来るも待ってたんか。
 
イメージ 6
「左アオアシシギ・右コアオアシシギ」
脚の色は、黄緑色や、アオアシシギさん、足は青みがあるよ、これでも識別できるな。
 
イメージ 7
「No149 クロサギ」 ビッグイヤー・235種目か
ふーさん、此処でクロツラヘラサギ探してるんやろ。私は予定に入ってなかったやろ、一種増えたやろ。
 
イメージ 8
「クロサギ」
ふーさん、特徴は、すすけた印象の灰黒色や。
 
イメージ 9
「クロサギ」
ふーさん、白色型もいてるんや、沖縄では見れることが多いよ。
 
イメージ 10
「クロサギ」
脚の色は黄色味のほうが多いよ。
ギャラリー
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 羅臼知円別港のオオセグロカモメのコロニー
  • 知床ウトロ港のケイマフリ
  • 2022.7.14 知床半島ウトロ側のウミネコとオジロワシ
アーカイブ
  • ライブドアブログ