2015年05月

タマシギ・アオバズクで、2015年ビッグイヤー・215種目となりました

今日は2015年5月31日、今年から始めました、ビッグイヤー250種の目標に向けてこだわりの、「タマシギ」さんと「アオバズク」さんで、215種となりました、これからのシーズン(6月~8月)で15種=230種撮りたいと思いますので、ご協力よろしくお願いいたします。
 
イメージ 1
「No480 センダイムシクイ」 5月26日釧路動物園内にて
ふーさん、まずは、202種目は私や、鳴き声ですぐ判るやろ.
 
イメージ 2
「センダイムシクイ」
ふーさん、識別悩ま無いように、したんや。
 
イメージ 3
「センダイムシクイ」
頭央線が見えなくても、識別間違うことないやろ。
 
イメージ 4
「No192 アマツバメ」 203種目
霧多布へ行く途中で、私と会ったんや。
 
イメージ 5
「アマツバメ」
特徴は、翼は長い鎌形で、尾は燕尾になる。黒褐色で腰が白い。
 
イメージ 6
「アマツバメ」
下面は白色の細かい横班がある。空中生活が得意や。
 
 
イメージ 7
「No82 オオハム」 204種目
ふーさん、落石クルーズ、やっと乗れたんや、L72cmと大きいよ。
 
イメージ 8
「オオハム」
美浜原発近くで、会って以来やな、此処の方が近いやろ、でも、船の上揺れる。
 
 
イメージ 9
「オオハム」
特徴の脇の後方に白班が見えるやろ。
 
イメージ 10
「オオハム」
ふーさん、飛ぶところ、も撮れたな、大満足か。
 
イメージ 11
「No328 ケイマフリ」 205種目
赤い足がトレードマークや、ふーさん、だから、後ろ姿か?考えてるんや。
 
イメージ 12
「ケイマフリ」
ふーさん、絶滅危惧種Ⅱ類や、眼の周囲の白色部が特徴や。
 
イメージ 13
「ケイマフリ」
今回沢山仲間見たな、ふーさんのパソコンの上にわたくしの写真飾ってくれてるんや、嬉しいな。
 
 
 

クマゲラ・初見初撮りで北海道のお土産になりました

今回の北海道旅行最大の目標は、エトピリカ・クマゲラさんでした、でも、落石で船に乗れましたので、目的達成です、同行のなかちゃんに、なにから、なにまで、大変お世話になった鳥撮りの日々でした、
 
イメージ 1
「No396 クマゲラ」 374種目・ビッグイヤー201種目
北海道旅行最期の頼みは、なかちゃん、が調べてくれた公園へやって来ました、
11時過ぎ散策中、クマゲラみたよで、急いで、現地へ、待つこと、40分ぐらい。
 
イメージ 2
「クマゲラ」
11時38分、イカルを撮っていると、なかちゃんから、来た来た、雌さんでした。
 
イメージ 3
「クマゲラ」
全長45-57cm、日本に分布するキツツキ科の構成種では最大種で、和名のクマ(「特大の」の意)の由来になっている、後頭の羽毛は伸長(冠羽)する。
 
イメージ 4
「クマゲラ」
ふーさん、なかちゃんに感謝やな、此処で、子作りするか、思案中や、雄さんは此処で、ええやろ、言うけど、慎重に考えないと、アカン。
 
 
イメージ 5
「クマゲラ」
散策道から、70mぐらい、条件はええな、抱卵したら、ローフ張って入れんようにお願いしてな。
 
イメージ 6
「クマゲラ」
巣穴の中も、綺麗やし、広さも十分や、此処に決めようかな、
 
 
イメージ 7
「クマゲラ」
ふーさん、雄さん呼ぶわ。
 
イメージ 8
「クマゲラ雄」
雌さん呼んだんか、私が、決めた家どないや。
 
イメージ 9
「クマゲラ」
雄の特徴は、額から後頭が赤い、全身黒色。
 
イメージ 10
「クマゲラ」
雌さん、気にいってくれた見たいや。
 
イメージ 11
「クマゲラ」
環境もよさそうやし、此処に決めよかな。
 
 
イメージ 12
「クマゲラ」
よし、雌さんくどきにいこう。
 
イメージ 13
「クマゲラ」
ふーさん、此処で抱卵したら、バーダーさんにお願いして、道より前にこんといてな。
(私たち・絶滅危惧種Ⅱ類VU)やで。ビッグイヤー、201種目光栄や。
 

大泉緑地公園

今日の午前中の大泉緑地公園は、目新しい鳥、な~にもいてませんでした、なかちゃんと、明日からの打ち合わせをして、昼からスポーツセンターへ行きました。
(ふーさんの野鳥難易度クリックして見てください)ページⅠ・Ⅱ・・・・と見てください。
30日からブログ再会いたします、よろしくお願いいたします。 
 
イメージ 1
「スズメ」
ふーさん、バーダーさん、暇そうやな、おしゃべり、だけか、明日から北海道気をつけていきや。
 
 
イメージ 2
「ヒヨドリ」
ふーさん、私たち、仲間と、シジュウガラさんだけや、メジロさんも熱いから、山へ行ったよ、毎年同じやろ、
 
イメージ 3
「大泉緑地公園」
これからも、カキツバタも咲いてきます、楽しい公園ですよ。
 
イメージ 4
「これも、花です」
まだの人、一度見に来ませんか。花の名前は、来て見て調べてください。
 
イメージ 5
「大泉緑地公園」
ふれあいの庭には、管理人の人達が、通年花が見れるように頑張っておられます、これから、暑い夏、手入れが大変ですが、頑張ってください。
明日から北海道への旅で29日まで、ブログ休みます、落石クルーズに乗るのが第一の目的です、船が出ることを祈ります)
 
 

ミソサザイ三昧で

今日、朝起きて、食事済んだので、8時15分電話、グッドタイミング、山へ行くよ、ふーさんも行く、勿論です。鳥友さん3名同行ありがとうございました。
 
イメージ 1
「ミソサザイ」
最初のポイントで、待つこともなし、すぐにシャッター押しまくり。
 
イメージ 2
「ミソサザイ」
ふーさん、来るの待ってたんや。
 
 
イメージ 3
「ミソサザイ」
ふーさん、尻尾あげ、上げ、うるさいな、私は上げないよ、個体やからな。
 
イメージ 4
「ミソサザイ」
ふーさん、やっと、上のポイントまで、来たんか、私は、言われなくても、尾は上げるよ。
 
イメージ 5
「ミソサザイ」B
ふーさん、個体別、判るから、場所も違うやろ。
 
イメージ 6
「ミソサザイ」B
大きな声上げて、歓迎してるんや。
 
イメージ 7
「藤の花」
ヤマフジ・ミソサザイの所から、林道を登り、鳥を探しに行きましたが、見ただけに終わりました。
 
イメージ 8
「ミソサザイ」B
ふーさん、何処へ、行ってたんや、食事まだやろ、もうすぐ、13時になるよ。
 

真っ赤な・トウネンにキリアイさんに

今までこの干潟で、春にキリアイさん私は初めてのように思います、また、どの図鑑の写真より、赤く感じます、また、赤いトウネンさん、これも珍しいです、
(今日はこれから、関東から親戚の方と食事会に行きますので今日の鳥撮りはお休みいたします)
 
イメージ 1
「キリアイ&ボール」
ふーさんの好きな比較か、キリアイL17cm・ボールに(ディンプルが見られるので2005年までの生産)直径70m前後と思います。今の軟球は縫い目があるものが使用されています。
 
イメージ 2
「キリアイ」
ふーさん、どの図鑑より、成鳥夏羽、赤褐色の羽縁が綺麗やろ。
 
イメージ 3
「キリアイ」
昨日スポーツセンターから、帰って来て、コーヒー入れて電話したら、ふーさん、真っ赤な、キリアイいてるよ、
 
イメージ 4
「キリアイ」
4時17分家を出て高速乗り、最後まで(いつもは最期の距離5kmぐらいで¥510もったいないから乗りません)今日は特別です。
 
イメージ 5
「キリアイ」
ふーさん、いつも家から、此処まで30分で来る言うてるとおりや、今日は25分で来たな。飛ばし過ぎや。
 
イメージ 6
「トウネン」
ふーさん、今人気上昇中の真っ赤なトウネンや、この前会ってるやろ。
 
イメージ 7
「トウネン」
ふーさん、アイドル・人気はみんなが作ってくれるんや。
 
イメージ 8
「トウネン」
ふーさん、後ろのトウネンさんも、赤いよ、図鑑のとおり、夏羽や。
 
イメージ 9
「トウネン」
ふーさん、トウネンさんの中でも後ろの個体赤いやろ、いかに、赤いか判るな。
 
イメージ 10
「白いトウネン」
なんで、私も、この中で、白い個体、一羽だけや、ヒーローになれんのや。
 
イメージ 11
「オバシギ」
ふーさん、キリアイ人気で、カメラマンけへんわ。
 
イメージ 12
「オバシギ」
ふーさん、私も夏羽で綺麗やろ。
 
イメージ 13
「ハマシギ」
やっと、カメラに写るわ。
ギャラリー
  • 甘えん坊のノスリの幼鳥
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコース
  • 野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコース
アーカイブ
  • ライブドアブログ