2014年12月

ビロードキンクロでカモの撮り収めとなりました

今日は午前中、用事を済ませ、カモの撮り収めを「トモエガモ」にしようと出かけましたが、途中鳥友さんから、昨日見れなかった、ビロードキンクロ3羽いてるよ、すぐに車を走らせ現地へ、カメラマンが、既に数名?昨日はNさん一名カメラで確認だけやのになんでや、クロガモのついでに来てたようです、
 
 
イメージ 1
「No53 ビロードキンクロ」ふーさんの野鳥観察難易度6度認定済み
ふーさん、今回で3回目や、芦屋浜・淀川で会ったやろ、さっきまで近くにいたんやけどな、風が強くなってきたので、沖へ避難や。
 
 
イメージ 2
「No53 ビロードキンクロ」
ふーさん、でも、特徴の目先と耳羽に白斑が見えるやろ、次列風切は白いのが判るか。
 
イメージ 3
「No53 ビロードキンクロ」
上の個体とは、別や、最初に言うたやろ、3羽仲間いてるんや、もう一度出直しといで、でも、孫さん達来て正月、神社にまいらなアカン、仕方ないな。
 
イメージ 4
「No37 トモエガモ」
ふーさん、今日は、私が主役と違うんか、近くに行ったら遠くへ、なんでや、カメラに入らん、ふーさん、下がったら、ええやん、
 
イメージ 5
「No27 ヨシガモ」
ふーさん、ナポレオン帽子の私がお気に入りやな、
 
イメージ 6
「No34 ハシビロガモ」
ふーさん、私も頭、光沢のある緑色と青紫やで、虹彩が黄色が特徴や。
 
イメージ 7
「No30 マガモ」
ふーさん、私も、頭部青いよ、青首と呼ぶ鳥友さん居てるやろ、嫌いや、
 
イメージ 8
「No28 ヒドリガモ」
ふーさん、カモさん達仲間多いから、楽しいやろ、特徴は、頭頂がクリーム色や。
 
イメージ 9
「No42 ホシハジロ」
ふーさん、特徴は、頭部から頸が赤茶色や、虹彩が赤いねん。
 
イメージ 10
「No24 オシドリ」
2014年最後の写真ブログアップのとりはやっぱり、私たち「オシドリ」や、ふーさん、ええとこあるは、これで来年も此処でいてることにするわ。来年もよい年でありますように、お願いしときや。

ふーさんの野鳥難易度6度「クロガモ」新規追加

イメージ 1
「No54 クロガモ」 撮影日2014年12月30日 大阪府堺市
 
イメージ 2
 
イメージ 3
「NO54 クロガモ」 口元、歯

クロガモ初見初撮り、鳥友さんに感謝・感謝

今日は午前中、家で掃除の御手伝い,そこに鳥友さんから、ふーさんのテリトリーにクロガモ居てるよ、すぐに確認昼一番で出かけました、北の鳥友さんと合流見つけました、そこへ先生が来てくれて、今年最後になると思います、一種「クロガモ」さん増えました
 
 
イメージ 1
「No54 クロガモ」
シベリア東部、アラスカ州西部で繁殖し、冬季になるとアメリカ合衆国、中華人民共和国、日本、アリューシャン列島の沿岸域へ南下し越冬する。
 
イメージ 2
「No54 クロガモ」
全長44-54センチメートル翼開張79-90センチメートル。体重0.6-1.4キログラム。種小名nigraは「黒い」の意で、和名と同義
 
イメージ 3
「No54 クロガモ」 ふーさんの野鳥観察難易度6度に認定
ふーさん、初見初撮りやろ、これで、日本鳥類目録第7版、科名・種名リストで今年で、何種になったんや写真357種(亜種含む)見た鳥6種 と 外来種4種か。
 
イメージ 4
「No54 クロガモ」
ふーさん、鳥友さんに言われてたな、私(クロガモ)始めてか、一種増やすのに、?万円かかるのに今日は、駐車場も無料、安い一種、そんな、言わんといてんか、
(鳥友さんに感謝やろ、それが一番やで)

コミミズク追加ブログです

今日は風邪もほぼ治り、、嫁さんから許可が出ましたので、淀川まで走りました、
待ったかいがあり、満足できる鳥撮りとなりました。
 
 
イメージ 1
「No376 コミミズク」  置物Ⅰ
ユーラシア大陸全般の中緯度地から高緯度の広い範囲で繁殖し、日本を含めた大陸南部のアジア地域一帯で越冬する。
 
 
イメージ 2
「No376 コミミズク」 置物Ⅱ
ふーさんの野鳥観察難易度6度やろ、なんでてか、 日本への渡来数はかなり多いと見られるが観察し写真に撮る機会がそれほど多くないのは広い農耕地に生息し、夜行性で活動が夕方以降になるため目に付きにくいからや。それで6度認定か。
 
 
イメージ 3
「No376 コミミズク」 置物Ⅲ
全長38.5cm。頭部から背面の羽毛は褐色。腹面の羽毛は薄褐色で、暗褐色の縦縞が入る。虹彩は黄色。外耳状の羽毛(羽角)が短い(小さい)ことが、和名や英名の由来。
 
 
イメージ 4
「No376 コミミズク」 置物Ⅳ
辺の草原湿地等に生息する。単独もしくはペアで生活するが、冬季には小規模な群れを形成し集団で眠る。夜行性だが、昼間に活動することもある。地上に降りたり杭などにとまっていることが多い。
 
 
イメージ 5
「No376 コミミズク」 ノートリミングで飛びものⅠ
食性は動物食で、昆虫類、小型の鳥類、小型哺乳類等を食べる。
 
 
イメージ 6
「No376 コミミズク」 ノートリミング飛びものⅡ
ふーさん、ノートリミング当たり前やろ、もっと近づいたろか、はみ出るやろな、
隣のホーリーさん、テレコンはずして正解や、途中文句言うてたな?
 
 
イメージ 7
「No376 コミミズク」 ノートリミング飛びものⅢ
ふーさん、仲間3羽確認してくれたやろ、でも、区別できるか、?になってしもたか。
 
 
イメージ 8
「NO376 コミミズク」
ふーさん、置物・次はノートリミング、今度は何や、左のポーズか。
 
 
イメージ 9
「NO376 コミミズク」
判った、左のポーズどうや、これでええか。
 
イメージ 10
「No376 コミミズク」
今度は、右のポーズやな
 
 
イメージ 11
「No376 コミミズク」
着地見事やろ、内村航平や、日の丸上がったよ、これで、今日のふーさんへの、演技は終了、時間見てみ、15時40分帰らんと風邪やのに来たんやろ叱られるよ、
 

コミミズク今日の2枚

今日は「コミミズク」を撮りに出かけました、1300枚にのぼるシャッター押しまくり、4時前の2枚です、食事の後整理して、明日ご報告いたします、今日見た鳥、ハイイロチュウヒ・コミミズク3羽でした。
 
 
イメージ 1
「コミミズク」
ふーさん、食事の時間やろ、私もや、
 
イメージ 2
「コミミズク」
ふーさん、もう、風邪直ったんか?まだ少し心配、人様避けてるもんな、うつしたら、大変やからな、写真整理したら、仲間も載せたりや、3羽確認できたやろ。
ギャラリー
  • 甘えん坊のノスリの幼鳥
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコース
  • 野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコース
アーカイブ
  • ライブドアブログ