2014年05月

上田 恵介先生の記念講演を聞きに南港野鳥園へ

今日は第五回鳥類学講座「鳥類学事始め」講師、立教大学教授・日本鳥学会会長・
上田 恵介先生の講演を聞きに行きました、会場は沢山の人で座ることができないほどでした、多くの鳥友さん、先生も一緒になりました、楽しい・楽しい一日でした、
 
イメージ 1
「ギンムクドリ」  2012年4月25日南港野鳥園撮影
ふーさん、上田先生の講演勉強になったか,助松干潟で、セッカ見てるやろ、一夫多妻、知らなんだな、また、冬羽は、2cm長くなる、これも知らなんだ、
 
イメージ 2
「セッカ」
ふーさん、私のこと少しは知ってくれたか、口の中、繁殖期、黒くなってるのも知らなんだやろ、次来たとき、ちゃんと撮ってや、6月4日に来るんか、
(明日は野鳥の会大阪支部の大台ケ原バスツアー参加やな)

タマシギさんを撮りたくて出かけましたが、会えませんでした、

今日は毎年会っている、タマシギさんを撮りに、昨年の所へ、でも、ソーラパネルが設置され、大きく環境が変わっていました、暫く探すも、此処は無理と判断し、第2ポイントへ、此処もおりません、第三ポイント、最近見たと聞いていたので、粘りましたが時間切れと、暑さに、ダウン、昼前に引き上げ、昼からスポーツセンターへ行きました、
 
イメージ 1
「ケリの幼鳥」
上空を、ケリの親がけたたましく鳴きました、下を見ると、幼鳥が一羽畔の土と判らないようにしていました、
 
イメージ 2
「タマシギ」  2013年6月の画像です,
ふーさん、今年環境変わってるやろ、でも、この近くにいてるから、会いに来て、
 
イメージ 3
「タマシギ」 2013年6月2日撮影
ふーさん、昨年は、二組みいてたやろ、今年も頑張るから、探しに来てや、
(今日は会えなくて悲しいな、どこかにいてるから、あきらめんとまた、来てや)
明日は南港野鳥園・上田恵介先生の講演聞きに行くんやろ、勉強しといでや、

今日の干潟

今日も、寝坊して、OO津川~浜~南の干潟へ行きました、チュウシャクシギの声も聞こえず、シギ・チドリの渡りも終わりに近づいてきたのか、寂しい限りです、コアジサシさん、5羽確認できたのみ、心配です、
 
 
イメージ 1
「トウネン」
ふーさん、バーダーさん、沢山来てくれたのに、ウズラシギさん、どこかへ行ってしもたな、みなさん、鳥談義で時間つぶしか、
 
イメージ 2
「シロチドリ」
ふーさん、私が、バーダーさんの相手してやるわ、
 
イメージ 3
「シロチドリ」
ふーさん、エンゼルポーズや、
 
イメージ 4
「シロチドリ」
ふーさん、次は、水浴びのシーンや、
 
イメージ 5
「シロチドリ」
次は、飛びものや、今日はこれで終わり、

ウズラシギ・ふーさんの野鳥観察難易度5度や

今日も浜から、○津川~南の干潟~堺浜~大和川を鳥見しながら帰宅いたしました、
 
イメージ 1
「No258 ウズラシギ」
ユーラシア大陸北東部のツンドラ地帯で繁殖し、冬期はニューギニアからオーストラリア渡りをおこない越冬する。日本へはに渡りの途中の旅鳥として飛来する。群れにはならず1羽か数羽の小群で行動する、
 
イメージ 2
「No258 ウズラシギ」
ふーさん、特徴は、頭が帽子を被ったように見える、色は赤褐色をしている、
 
イメージ 3
「No258 ウズラシギ」
ふーさん、手前のシロチドリ、変わってるな、胸の帯が繋がってるよ、
 
イメージ 4
「No258 ウズラシギ」
ふーさん、食べ物は、水中や水際で貝類や甲殻類、昆虫類を捕食する。
 
イメージ 5
「No258ウズラシギ」
ふーさん、帽子被ってるの判るやろ、
 
イメージ 6
「シロチドリ亜種?」
胸の帯が繋がってる、亜種のハシボソシロチドリ?見たことないから判らんな、
 
イメージ 7
「シロチドリ」
真木先生の本に夏羽では雌雄を問わず側胸が前でつながり、胸帯をもつ個体もいる、と書いてあるやろ、明日も来るんやろ、逆回りで行くから昼過ぎるやろな、食堂で食事してからか、
 
 

日本三鳴声のオオルリさんの囀りに癒されて

今日も鳥友さんから、オオルリの声が聞こえてる連絡いただき、いつもの公園へ、さすが、日本三鳴鳥のオオルリさん、囀りの大きな声が聞こえてきました、
 
 
イメージ 1
「オオルリ」
ふーさん、舳倉島での私の紹介なかったな、鳴いている声聞こえなかったんか、
 
イメージ 2
「オオルリ」
ふーさん、こんな、大きな声だしてるから、すぐ判るやろ、
 
イメージ 3
「オオルリ」
ふーさん、この大きな囀りで、雌さん呼んでるんや、この公園で、相方見つけて山で子育てするつもりや、雌さん、居てへんのんかな、
 
イメージ 4
「コアジサシの求愛」 21日在庫から
オオルリさん、早く山へ行かんと、雌さん見つけることでけへんで、私は小魚捕まえて、雌さんに、プロポーズや、
 
イメージ 5
「アジサシ」 20日在庫から
ふーさん、私たちも相方求めて、飛んだりしながら、探してるんや、
 
イメージ 6
「アジサシ」 20日在庫から
今年も此処にアジサシの群れがやって来ました、此処で子育てしてくれると嬉しいな
 
イメージ 7
「オオヨシキリ」 21日在庫から
ふーさん、私も大きな声で囀ってるんや、口の中が真っ赤が特徴や、
 
イメージ 8
「アジサシ着地」 在庫から
おい・おい・上の仲間よ何処へ降りるつもりや、強引に隙間におりました、
 
イメージ 9
「トウネン」 24日在庫から
ふーさん、夏羽になって、綺麗になったやろ、
 
イメージ 10
「オバシギ」 在庫から
ふーさん、私今季初見初撮りやろ、私に会いたくて来たんやろ、
 
イメージ 11
「ハマシギ」 20日在庫から
ふーさん、舳倉島に行っている間に、夏羽になったやろ、こんなポーズでどうや、
(5月20日~24日までの干潟の鳥さん達でした)明日から毎日ブログ更新です、
ギャラリー
  • 甘えん坊のノスリの幼鳥
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコース
  • 野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコース
アーカイブ
  • ライブドアブログ