2013年07月

休耕田から、池・田んぼめぐり

今日は、久しぶりにカイツブリを撮りたくなって、休耕田・池めぐりをしようと思い出かけました、でも、子作りはもう終わったのか、昨年はいくつもあったのに今年はありません
 
 
イメージ 1
「コチドリ」
此処のポイントは今年も休耕田、三枚あり、チュウジシギ・タシギ・タカブシギ・その他どんなシギ・チドリさんと会えるのか楽しみやな、(車の中からの撮影です)
 
 
イメージ 2
「コサギのバトル」
一羽のコサギが休んでいる所に、もう一羽飛んできて、ふーさん私のテリトリーを侵すヤツは追い出すだけや、一部始終見てたやろ、
 
イメージ 3
「カイツブリ」
ふーさん、ハジロクロハラアジサシ池や、此処の住人のカイツブリやで、此処も巡回のルートの一つやな、次は、神社裏か、あそこも休耕田2枚あるな、
 
 
イメージ 4
「笠田池のカイツブリ」
ふーさん、昨年3組もあった、クロハラアジサシ池浮草な~にもないの何処で子作りするんやろな、
 
イメージ 5
「カイツブリ」
ふーさん、今年ここも浮草無いやろ、子作り大変やったんや、子供無事育ったん一羽だけや、大事に育てるからな、
 
イメージ 6
「船渡池のカイツブリ」
ふーさん、以前こんな浮き桟橋役に立たん言うてたやろ、今何処から撮ってるんや、枠の間からちゃうか、ノートリミングでこんな近くで撮れたんや、
 
 
イメージ 7
「カイツブリ幼鳥」
ふーさん、もう、こんなに大きくなって、私一人で食事できるんや、親頼らんでええねん、もう心配ないで、次は分度器池か、
 
イメージ 8
「カメ」
ふーさん、分度器池も環境変わって今年シギ・チドリは無理違う、いろんな鳥さんと会えたのに、本当に残念やな、(お世話になっている鳥友さん案内までして、ええ環境やろ自慢してたのに、)

鳥影うすし画像いいのが撮れない

今日も車で、休耕田・池・浜まで車で走らせましたが、目新しい鳥さん居てません、
 
 
イメージ 1
「コシアカツバメ」 7月27日河内長野まで車で走りましたが、すでに子供は巣立ったあと、団地の階段の上にいくつもの巣がありましたが、みなさん住んでおられますので、カメラ向けることできず、空は暗くなってくるわ、こんな画像しか、
 
イメージ 2
「シロチドリ」
コアジサシ・アジサシ浜偏西風期待していきましたが、な~にもいてません、
 
イメージ 3
(ハクセキレイ幼鳥)
ふーさん、撮るもんないんやろ、私でも撮ってらええやん、
 
イメージ 4
「干潟」 7月25日撮影 キョウジョシギ・アオアシシギ・キアシシギさんです。
毎日一応カメラぶら下げて家は出ていくも行くとこありません、明日はどうしょうかな
 
 

今日のオオタカ若

今日はいつもの公園へ、カワセミさん手持ちでしたので一歩近づこうとすると飛べれてしまいました、30分ほど時間をおいて再度カワセミ待ちといたしました、オオタカいてるよ、今日は北の木に居てました。
 
 
イメージ 1
「オオタカ」
ふーさん、な~にもいてないんやろ、私が相手してやるから、とりあえず、右向きからかのポーズでどうや、
 
イメージ 2
「オオタカ」
今度は、左向けか、
 
イメージ 3
「オオタカ」
ふーさん、次は正面やろ、考えてること判ってるわ、顔も覚えたぜ、
 
 
イメージ 4
「オオタカ」
今度の注文は、後ろ向いて、首をこちらに向けてか、判ったこれでええか、
 
 
イメージ 5
「オオタカ」
ふーさん、私が気にいってるポーズや、
 
 
イメージ 6
「オオタカ」
最期は飛べていうことやろ、目の前飛んだのに正面ピント、ボケてたんか、
 

南の浜、干潟は熱い・暑い

今日は潮目が12時~16時の間が一番いいので、昼早くして出かけました、着きましたが、焼けつきそうな暑さ、雲ひとつありません、今までで一番熱く感じました、熱射病も怖く2時半退散いたしました、
 
イメージ 1
「コアジサシ」
ふーさん、この暑いのにご苦労さんや、もう仲間20羽も居てへんようになったやろ、
 
イメージ 2
(幼鳥)
ふーさん、私たちが最後や、仲間達みんな帰ったわ、
 
イメージ 3
「シロチドリ」
ふーさんも、暑いから早く帰り、
 
イメージ 4
「ムナグロ・ソリハシシギ」
ふーさん、此処暑すぎるよ、早く次の目的地に行くわ、
 
イメージ 5
「ソリハシシギ」
ふーさん、秋の渡りの始まりや、これからも来たら、いろんな鳥さんに会えるやろな、
 
 

ツバメチドリ在庫から

今日はいつもの公園に行きましたが、鳥さん居てません、画像ありませんので、在庫から、ツバメチドリです、昼から今日もスポーツセンターで体力つくりです、
 
イメージ 1
「ツバメチドリ」 7月18日撮影
ふーさん、宮古島から、追いかけて来たんや、無事帰ってたんやな、安心したわ、
 
イメージ 2
「ツバメチドリ」
ふーさん、ビックリしたやろ、6羽黒い鳥降りてきて、でも、遠いな近づいたら飛ぶもんな、今着いたとこや、此処で休んで次の目的地に行くからな、
 
イメージ 3
「ツバメツドリ」
宮古で見たときより、黒いな、幼鳥か?それともこの暑さで黒くなったんか、どっちや
 
 
イメージ 4
「ツバメチドリ」
ふーさん、私たちに会うの、まだ2回目か、観察不十分やな、これから見て勉強してや、宮古では子供育ててから、成鳥すぐ判ったもんな、
 
イメージ 5
「イソシギ」
ふーさん、悩んでておいてたんか、シギ・チドリハンドブックとニラメッコか、なんと勘違いしてるんや「アメリカイソシギ」そんな珍鳥居てへんよ。
 
イメージ 6
「イソシギ」
ふーさん、人様かて個人差あるやろ、鳥も一緒やで、でも少し違うと思う感覚はええことや、勉強になるもんな、
ギャラリー
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 羅臼知円別港のオオセグロカモメのコロニー
  • 知床ウトロ港のケイマフリ
  • 2022.7.14 知床半島ウトロ側のウミネコとオジロワシ
アーカイブ
  • ライブドアブログ