2012年11月

大泉緑地公園

今日はいつもの公園へ、行きました、オオタカさん不在,マヒワ・アトリさん、姿なく寂しい公園でしたが、突如、シジュウガラ・メジロの混群がその中に「エナガ」「キクイタダキ」さんが。
 
 
 
イメージ 1
「シジュウガラ」
ふーさん、私が「エナガ」さん連れて来たんやぜ、みなさん、久しぶりの「エナガ」やシャッター押しまくりや、
 
イメージ 2
「メジロ」
シジュウガラさん、自分だけ、ええ格好言うてるわ、私は2羽のキクイタダキさん連れて来たぜ、カメラマン活気づいたやろ、
 
イメージ 3
「エナガ」
シジュウガラさん、メジロさん喧嘩せんといて、ほんまにこの公園久しぶりの顔見世やから、
 
イメージ 4
「キクイタダキ」
ふーさん、この頭の紋章見てくれる、赤みが帯びているの判るか、カメラマン、赤い・赤いて興奮してな、それも、近くでやろ、目線で撮れた、萩の花も見えるから、このポーズにしたんか、
 
イメージ 5
「ルリビタキ」
ふーさん、カメラマン私を無視してるんや、ブログに載せてくれるか、
 

昨日のリベンジで今日も行基池へ

今日は着くなり、あこがれの人・ブログ名、三重の野鳥「光昌のホーム」今井光昌さんに出会うことができました、午後3時前まで、一緒の撮り見となり、楽しい・楽しい・三重のシギ・チドリ、アジサシ等々の話で、すぐにでも飛んでいきたいほどの大好きな三重の海の話でした。
 
イメージ 1
「エリマキシギ」
ふーさん、昨日も来てくれたんや、オジロトウネンさんの換わりにきたぜ、
 
イメージ 2
「エリマキシギ」
私を撮ってからゆっくりと、探し、此処の会長さんも見に来てくれたな、ふーさん、楽しそうに、笑って、パラダイスさんや、
 
イメージ 3
「ヨーロッパトウネン」
下の個体は、ハマシギさんやで、私は上の子や、足が長いのが特徴や、
 
イメージ 4
「ヨーロッパトウネン」
今日は、三重からのお客さんか、ふーさん、よかったな、あえて最高やろ、
 
イメージ 5
「ヨーロッパトウネン」
採餌は前傾姿勢をとる、胴体が短い、喉が白いのが特徴や、
 
 
イメージ 6
「ヨーロッパトウネン」
数少ない旅鳥として全国に記録がある、トウネンL15cm・私C14cmトウネンさんより小さいねん、シベリヤからきたんやぜ、
 
 
イメージ 7
「オジロトウネン」
昨日の画像です、今日はこれよりも良い写真をと思い行きましたが、お留守でした、
 
イメージ 8
「オジロトウネン」
昨日の画像です、証拠写真ですので再チャレンジして撮りたいです。

オジロトウネン・ヨーロッパトウネン初撮り

今日は、オジロトウネン・ヨロッパトウネンを撮れればと強い思いを込めて行きました,鳥友さんの先生にもお会いすることができ、教えていただき無事撮れました、昼から堺の里山で、幸せを呼ぶ青い鳥「ルリビタキ」も撮ることができ、今日も一日幸せでした、
 
イメージ 1
「ヒバリシギ」
旅鳥として九州以北に少数がシベリアから渡来する、
 
イメージ 2
「ヒバリシギ」
ふーさん、足が黄色いから、オジロトウネン違うやら、勉強不足やな、訂正したか、
 
イメージ 3
「ヒバリシギ」
足は黄色い
 
 
イメージ 4
「ヨーロッパトウネン」
ふーさん、証拠写真やな、足は細く長くて黒い、喉は白い、
 
イメージ 5
「イカルチドリ」
下の行基池で見なんだら、此処に来てるんや、上の子たちも、これぐらいふーさんに近づいたらええのにな、
 
イメージ 6
「ルリビタキ」
ふーさん、今日は良かったな、いつも親切に教えてくれる人いててよかったな、
 
 
イメージ 7
「ルリビタキ」
ふーさんの「シギ」「チドリ」「カモ」さん好きなこと此処でも話題になってるぜ、最高の一日か、私もうれしいわ、

きょうの公園と北池のカモさんたち

今日の公園は、鳥影薄く寂しい午前中でした、やはり、マヒワ・アトリ・ルリビタキさんいないとこんなにも静かな公園でした、
 
 
イメージ 1
「紅葉」
ふーさん、鳥少ないから、紅葉見れたやろ、
 
 
イメージ 2
「シジュウガラ」
ふーさん、鳥友さんと、何話してるんや、私が目の前にいてるやろ、ノートリミング以上か、
 
イメージ 3
「キクイタダキ」
シジュウガラ・メジロと混群で相変わらず速い動きについていけずでした、
 
イメージ 4
「カワラヒワ」
マヒワ?と思ったら、カワラヒワさんでした、
 
イメージ 5
「キンクリハジロ」
ふーさん、私はキンクロハジロ雌や、雄さんばっかりブログに載って、
 
イメージ 6
「ホシハジロ」
ふーさん、私も、ホシハジロ雌や、初登場や、
 
 
イメージ 7
「ヒドリガモ」
ふーさん、私もヒドリガモ雌や、みんな同じこと考えてるんや、
 
イメージ 8
「ユリカモメ」
ふーさん、この池、コガモ・バン・オオバン・忘れてた、ハシビロガモさんたくさんいてるやろ、ハシビロガモ雌さん怒ってるわ、
 

コモンシギ在庫から

今日は、雨仕方なく写真整理印刷するも途中で、インク切れ、週の初めのスポーツセンターへ行きました、在庫からの「コモンシギ」さんです。
 
 
イメージ 1
「コモンシギ」 L19cm
迷鳥として北アメリカ・アリュウシャン列島から渡来し、水田、干潟、草地などに生息する、ほとんどが秋の幼鳥の記録で、常に単独で渡来する、
 
イメージ 2
「コモンシギ」
ハマシギよりやや小さい、雌雄同色、雄のほうが雌より大きい、成長は全体にハブ色で、頭頂や背には黒褐色班がある、
 
イメージ 3
「コモンシギ」
嘴は黒く短い、足は橙黄色、幼鳥は成長に比べ淡いバフ色、胸から側胸は黒褐色班が明瞭、
 
イメージ 4
「コモンシギ」
幼鳥は背からの上面の羽も成長より軸班の黒褐色が大きく、羽縁はバフ色と白色、
 
 
イメージ 5
「コモンシギ」
ふーさん、もう、忘れ去られてると思っていたわ、今日の雨に感謝やな、やっと陽の目みたわ、うれしいな、ほんまやで、
 
 
 
ギャラリー
  • 甘えん坊のノスリの幼鳥
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコース
  • 野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコース
アーカイブ
  • ライブドアブログ