2012年10月

タゲリさんに会いに出かけました、

今日は午前中はいつもの公園へ、昼からタゲリの里へ行きました、(いつもの公園の鳥さん、後日ブログに載せます?)タゲリさん、6羽先発隊が来てました、昨年も此処で100羽前後見ていますので、これから順次来てくれるかも、タゲリさんからのお願い(無理やり飛ばさないでください、)
 
 
イメージ 1
「タゲリ」 さん
L32cm、冬鳥として九州以北に中央アジアから渡来する、水田・畑・草地等で生息する、
 
イメージ 2
「タゲリ」 さん(私は冠羽が短い、幼鳥?違うぜ,眼の上まで黒い)雌さん
成鳥冬羽は額から頭頂が黒褐色、後頭に長い冠羽がある、
 
イメージ 3
「タゲリ」 さん(私も、冠羽短いか、でも、胸の黒い所ハッキリしてるやろ、)
顔から喉は白く、眼の周りに黒っぽい模様がある、本人幼鳥違うて言うてるが?そうや、冠羽が短め、雌さんか、
 
 
イメージ 4
「タゲリ」 さん
羽色は金属光沢の上面、嘴と虹彩は黒く、足は暗赤色、雄さんの特徴全部揃ってるやろ、
 
イメージ 5
「タゲリ」 さん、上と同じ個体です、下尾筒は橙色が見えるやろ、
ふーさん、今日必ず来てくれると思っていたわ、大先輩のすーやんさんのブログで来てると書いてたやろ、でも、コチョウゲンボウ・ブログに載せて私載ってなかったわ、
 
イメージ 6
「タゲリ」 さん(眼の上の模様の黒い線がハッキリ見えます)
コチョウゲンボウの所から此処まで、ふーさんの車で40分で来れるもんな、この前も此処で待機してたな、ミミズクでか、
 
イメージ 7
「タゲリ」 さん、どこに居てるか、探して、左端に頭の冠羽が見えます。
ふーさん、最初5羽が来てると。思っていたが、畝と畝の間に一羽見つけました、昨日来た所か?ジートしたまま動かず、すぐに眠る体制に、動くと立ち上がるが、少し移動するのみ、休みたいねんとと思いそっと立ち去りました
 
 
 
 
 
 

大泉緑地公園の鳥さん達

今日の公園は、午前中、オオタカさん不在、マヒワ・アトリ・さん多いですが、キクイタダキ、少なくなりました、アリスイ・カワセミ・ノゴマさんは居てます、
 
イメージ 1
「クロツグミ雌」
ふーさん、此処に雄さんも。マミチャジナイさんもいてるよ、
 
イメージ 2
「ノゴマ」=日の丸
誰や、私の姿みて、メタボてか、違うで、朝・夜急に冷えてきたやろ、身体丸くしてるだけや、変なこと言わんといて、
 
イメージ 3
「ヤマガラ」
いま、水浴びしたとこや、こんなとこ撮られたら恥ずかしいな、
 
イメージ 4
「メジロ」
ヤマガラさんの次は私や、シジュウガラさん行儀悪いやろ、順番待たん時あるぜ、
 
 

マヒワ・アトリさんと

今日の公園は、マヒワ・アトリさんで、おお賑わいでした。遠路から来られた人たちキクイタダキ撮れたかな?でも、マヒワさん居てくれたからええか、ノゴマもいてるよ、
 
イメージ 1
「マヒワ」
ふーさん、この木、なんの木・美味しいな、また調べてくれるか、明日でもええわ、
 
 
イメージ 2
「マヒワ&この実」
ふーさん、毎日仲間増えてるやろ、今日は、アトリさんとなら500羽以上になったぜ
この木の実食べてもうないぜ、どうしてくれるんや、
 
イメージ 3
「マヒワ」
誰や、水のみに降りてくるぜ、違う、食べ物探しに来たんや、もう、地べたか、大泉緑地公園撮り鳥の会員の皆さまこのままでは、飢え死にや、
 
イメージ 4
「マヒワ群」
次から次へと、順番に降りて来て採餌していました、マヒワさん言うようにこのままでは公園で飢死か?マヒワさんの餌場に踏み込まない、下の降りて来たら、食べるまで待とう、なかちゃんにお願しょう。

キクイタダキと今日の公園

今日は雨がやんだので、昼から公園へ、何と鳥友さん、数名来てるでは、朝からも来てたよ、朝、雨降ってたやん、槍はふってなかったそうです、
 
イメージ 1
「アオサギ」
おーい・(小池)アオサギなにしてるねん、見たら判るやろ、翼、雨にぬれたから、羽根広げて乾かしてるんや、お日さまも照ってきたからな、
 
イメージ 2
「アトリ」
ふーさん、私を撮ってるんやろ、それとも、うしろの、空か、晴れたな。
 
 
イメージ 3
「キクイタダキ」
ふーさん、今日は常連さん数名や、目線でどうや、
 
イメージ 4
「キクイタダキ」
ふーさん、鳥友さんも、色々言うねんな、近い・近いて、高かったら文句言うし、難儀なおっさんや、国宝さんまで言うとはな、
 
イメージ 5
「キクイタダキ」
ふーさん、頭黄色いの見えてないのは、アカン・ノートリミングでピントあってるの、そうないよろ、腕が悪いから仕方ないけどな、
 
イメージ 6
「オオタカ」
ふーさん、此処午後11時55分通って行ったやろ、見てたぜ、なかちゃん、に電話してたからな、早いとこ、挨拶せな、ええ鳥出してくれへんもんな、だから、ふーさん、帰るの待ってたで、4時30分もう暗くなるぜ、帰り、
 
 

ノゴマさんで

今日はいつもの公園へ、マヒワ・アトリ・さんでおお賑わい、
 
イメージ 1
「ノゴマ」
ふーさん、喉の赤いのが特徴や、日の丸とも言うんやで、
 
イメージ 2
「ノゴマ」
ふーさん、後ろのピンクの花綺麗やな、なんていうの、?調べとくわ、
 
イメージ 3
「ノゴマ」
ふーさん、今鳥友さんから、電話あったんか、名前は「ムラサキカタバミ」花期5月~7月帰化・南アメリカ原産、花も葉も大きく丈も長い、明るい緑の葉を広げ、その間から花茎をのばして、直径1,5cm程の花を咲かせる、(小学館、日本の野草「春」)
 
イメージ 4
「カワセミ」
ふーさん、人に教えてもらう前に調べんかい、日本の野草「」になかったもん、言い訳や、でも、もうじき、11月や、それも言い訳に聞こえるわ、
 
 
イメージ 5
「カワセミ」
ふーさん、鳥友さんと、私の飛びもの撮ってたんやろ、背景悪いな、立つ位置考えな
 
イメージ 6
「カワセミ」
今日は2羽でいろんな所に止り遊んでくれました、
ギャラリー
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 羅臼知円別港のオオセグロカモメのコロニー
  • 知床ウトロ港のケイマフリ
  • 2022.7.14 知床半島ウトロ側のウミネコとオジロワシ
アーカイブ
  • ライブドアブログ