2012年06月

ハシブトアジサシ遠い遠い証拠写真に終りました

今日は先日撮り損ねた「ハシブトアジサシ」を撮りに出かけましたが、遠くて全て証拠写真になりました、でも、初見初撮りで上機嫌で帰宅いたしました。
 
イメージ 1
「ハシブトアジサシ」
まれな旅鳥として本州以南の海岸、干潟、河口などに渡来する、比較的干潟を好む
 
 
イメージ 2
「ハシブトアジサシ」
L38cm大型のアジサシ、嘴は黒くてがっしりしている、足は黒い、尾は白ぽっく、それほど深くない凹尾、
 
イメージ 3
「ハシブトアジサシ」
成鳥夏羽は頭頂から後頸が黒く、光線により青光する、頬、頸から体下面は白く、背や翼上面は淡青灰色、
 
 
イメージ 4
「ハシブトアジサシ」
ふーさん、遠い遠い、言うて言い訳してるのちゃうか、腕が悪いの忘れてるやん、
 
イメージ 5
「ハシブトアジサシ」
ふーさん、クロハラアジサシと見たら、すぐ違い判っただけでもええやろ、ふーさんと一緒の腹白や、
 
 
イメージ 6
「ハシブトアジサシ」
ふーさん、初見初撮り出来ただけでも、嬉しいやろ、ご機嫌さんやな、今度会うときは、近くに行くから、浜に来てな、いつものルート守ってな、
 
 

コアジサシの子育て

今日は、コアジサシの幼鳥の成育が気になるのと、鳥友さんのブログで「ハシブトアジサシ」撮っていたので、もしかしたら、また、現れるかもと思い出かけましたが、残念、(6月23日・25日・26日いつものコース巡りで来てたのにあーあー)
 
イメージ 1
「クロハラアジサシ右・左コアジサシ」
ふーさん、私達初登場や、最初に会ったやろ、でも、日本の野鳥590大きさ「クロハラアジサシL26cm」「コアジサシ26cm」「ハシブトアジサシ38cm」と書いてあるやろ、写真見たら、アレと思うけど、腹が黒いから、クロハラアジサシか、
 
イメージ 2
「ウミネコ」
ふーさん、なに、双眼鏡で探してるねん、カモメ識別ハンドブックで確認せんでええやろ、鳴き声聞いたら判るやろ、ミヤーゴ・ミヤー・ミヤー100羽以上居てるかな?
 
イメージ 3
「コアジサシ幼鳥」
ふーさん、こんなに大きくなったよ、両親の愛受けてるからな、それとふーさん、バーダーさんにお願いしてくれたやろ、今日も10名以上見たけどみんな遠いけど柵の外から撮ってたで、此処のコロニー安心やな、

イワツバメを撮りに出かけました

今日は「イワツバメ」を目的に、東へ車を、120km走らせ目的達成ですが、飛びものは早くて全てボツでした、再チャレンジ?です、
 
イメージ 1
「イワツバメ」
ツバメより小さく、雌雄同色、成鳥は頭部から背、肩羽は紺色光沢のある黒色で、翼は黒褐色、腰は白色で、尾は短く切れ込みは浅い、
 
イメージ 2
「イワツバメ」
喉から側頭、体下面は汚白色で、胸や脇は灰褐色みを帯びる、喉は黒い、足指まで白い羽毛に覆われている、
 
イメージ 3
「イワツバメ」
ふーさん、飛びもの撮れんわな、私達は、飛びかたも軽快で、はばたきは早いんや滑翔や旋回が得意なんや、ふーさんの腕では無理やな、特急ツバメ号や、
 
イメージ 4
「イワツバメ」
夏鳥として九州以北にツバメさんより早く渡来するんや、
 
イメージ 5
「イワツバメ」
山地の岩場や、コンクリート製建造物に集団で営巣する、巣は深いカップ形をしている、(今抱卵中や、近すぎたな、仕方ないか、それ以上下がれないもんな)
 
イメージ 6
「イワツバメ」
ふーさん、此処では、みんなで子育てしてるんやで、ビックリしたか、同じ巣に親が3羽も4羽も入るんやもんな、子供多く育てて一緒に帰るんや、
 
 
イメージ 7
「イワツバメ」
ふーさん、どこへ行ってたんや、帰りもう一度寄ってくれたんか、3時過ぎてるで早く帰らんと、5時になるで、ブログ6時まで出来るか、

この鳥には縁がないのかな?

昨日,山を降りるときに聞きましたが、既に3時過ぎ4時30分閉園に間に合わず残念した「アカガシラサギ」を見に行きましたが今年も会えず、鳥運のええ・ふーさん、としてはこの子とはいつ会えるかかな、
 
 
イメージ 1
「コブハクチョウ」
長居公園植物園の常駐のコブハクチョウさんです、いつでも見れますので宜しく。
 
 
イメージ 2
「ハスの花」
長居植物園(入園料200)です、今日はバーダーさんも賑わいましたが、この花(蓮の花・スイレン)を見ようと多くの人が来ていました、今日の夕刊(朝日新聞)に幻のハス、見れるはずで、京都府立植物園長休日は巨椋池の「主」の記事がありましたオガワコマドリも呼んでほしいな、
 
イメージ 3
「ソリハシセイタカシギ」2012年5月20日撮影
まれな旅鳥として渡来し、干潟・海岸に近い湿地などに生息する。
 
 
イメージ 4
「ソリハシセイタカシギ」
雌雄同色、全体に白黒のモノトーンで、嘴が上に反り、長い足をもつ非常に特徴的なシギ、
 
イメージ 5
「ソリハシセイタカシギ」
成鳥は顔上部から後頸、肩羽と雨覆の一部、初列風切の一部は黒く、他の部分は白い、嘴は黒くて先は上に反っており、足は長くて青灰色、
 
イメージ 6
「ソリハシセイタカシギ」
ふーさんの部屋に(A4にして)写真飾ってくれてるんや、14枚のうちに入れてくれてありがとう、すぐ上は「マミジロキビタキ」「ヤツガシラ」横は「オオマシコ」「ヤマセミ親子4羽」と一緒の扱い、誇りに思うで、
(もっと、紹介してほしいのに、容積オーバーか仕方ないな在庫からや)
 
 

クロハラアジサシを求めて

今日は忙しい一日となりました、午前中はクロハラアジサシ・コアジサシと遊び昼から山へ修行に行きました、帰り道中に連絡いただくも身体ひとつ、せめて二つほしいですスポーツセンターは今日もお休み、月8回は行かないと、新しいステップついて行けへんからな、
 
 
イメージ 1
「クロハラアジサシ」
ふーさん、8ヶ月ぶりやな、今日は仲間4羽連れて来たぜ、ちゃんと撮ってや、
 
イメージ 2
「クロハラアジサシ」
ふーさん、上の子とは個体別やで、羽根の色黒いやろ、成鳥夏羽や、額から後頸と胸から腹が黒く、喉、頬から側頸羽白い、背から上面と尾は灰色で尾は短くやや凹尾、嘴と足は暗赤色、
 
 
イメージ 3
「クロハラアジサシ」
ふーさん、この前の子幼鳥やったから、初撮り見たいなもんやな、でも此処は遠いか、前海やから仕方ないな、
 
イメージ 4
「クロハラアジサシ」
ふーさん、コアジサシと見比べてすぐに識別出来るやろ、頭が黒いのが私や、
 
 
イメージ 5
「クロハラアジサシ」
ふーさん、昨日も、会ったやろ、ちょっと違ういつもの勘が当たってたんやで、
 
 
 
イメージ 6
「クラハラアジサシ」
ふーさん、今日も多くのバーダーさん、来たな、コアジサシ・私達も此処で子育てしようかなと思って昨日見に行ったんや、絶対柵から中へ入らんといてや、道側から写真撮ってくれたらエエからな、マナー守らん人いたらみんなで注意してや、
 
 
イメージ 7
「サンコウチョウ」
今日は鳥友さんYさんの写真見て感動してたな、お寺の由緒まで教えてもらってその上、コーヒまでごちそうになり、後日ちゃんと紹介してや、ふーさん、頼むで、
 
ギャラリー
  • 甘えん坊のノスリの幼鳥
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコース
  • 野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコース
アーカイブ
  • ライブドアブログ