2012年03月

鳥の夫婦関係(上田恵介博士)引用続き

イメージ 1
「一妻多夫」 レンカク
日本では迷鳥のレンカクも、熱帯域の湿地に生息する、メスが縄張りを守って、オスに求愛し、複数のオスと繁殖を行う、
 
イメージ 2
「ヘルパーによる協同繁殖社会」エナガ
エナガはつがいで繁殖するが、繁殖に失敗したつがいは隣の繁殖ペアの育雛を手伝う、いわゆるヘルパー行動である、
 
イメージ 3
ヘルパーによる子育て」サンコウチョウ
サンコウチョウ子育ての一部始終を数回にわたって観察したことがありました、この写真メスが、エサを運ぶのを数回、オスが来るの待ちますが来ません、またエサを獲りに行こと数回、
 
イメージ 4
ヘルパーによる子育て」サンコウチョウ雄
この雄の頭部、よく見てください、子育てで、ストレスがたまり、頭の毛が抜け落ちています、そこへ、ヘルパー雄がやってきました、
イメージ 5
「ヘルパ雄」サンコウチョウ
ヘルパー登場です、此処の現地のバーダーさん、禿げたのがつがいで、今来たのがヘルパーだと教えていただきました、(巣をそう言う事情ですのであしからずお許しを場所は聞かないでください)
 
イメージ 6
ヘルパーによる協同繁殖社会
先日こんな所でも、ヘルパー鳥見ました、チョウゲンボウのつがいですが、この上にもう一羽、メスが飛んでいました、鳥友さんが、あの雌、ヘルパーだと教えていただきました、
イメージ 7
ヘルパーのチョウゲンボウ雌
ふーさんこの場所気に入って数年暮らしてるけど、列車に引かれるは、人様多くてエサ獲り大変なんや、先日もそこへ入ったらアカンと言うのにバーダーさん入るやろ、遠くまでエサ獲りに行くため、ヘルパーの私が必要なのよ、勿論血縁関係あるよ、
 
 
イメージ 8
「鳥の離婚の原因は?」 ホオジロ
鳥の離婚の定義は「繁殖シーズンの途中で、配偶者の縁を切ること」鳥達の「離婚」は意外に多く、ごく当たり前ののことである、ホオジロは一夫一妻で、数シーズンつがいを継続すると言われているが、山岸哲さんが調べた例では、メスの三分の一程度が繁殖途中に別のオスの縄張りに移動した、(原因は卵やヒナの捕食)
 
 
2012年4月号日本野鳥会発行「鳥の夫婦関係」上田恵介博士から引用させていただきました、バーダーさん、日本野鳥の会・大阪支部むくどり通信入会すると野鳥の本が送ってきます、写真も綺麗で大変勉強になりますよ、(私はまだまだですが)
 
 
 

日本野鳥会4月「特集」鳥の夫婦関係について

私も、日本野鳥の会に入会して、早24年経ちました、いつも鳥の写真だけ見て、記事については、眼を通す程度でしたが、今回の上田恵介博士の「鳥の夫婦関係」大変勉強になりました、鳥撮り始めてまだ、3年、ブログ始めて2年野鳥の本、大阪支部のむくどり通信を楽しみにするようになりました、昨日のブログで「一夫一妻」を抜粋して記載していました、その続きです。
 
 
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
一夫多妻」☆一番上(セッカ)☆真ん中(オオヨシキリ)☆下(ミソサザイ
ふーさん、私たちは多くの側室を持っている鳥や、(セッカ・オオヨシキリ・ミソサザイ)春先に河川敷などの草原に夏になると渡来したセッカのオスは、まず100m四方位の縄張りをかまえて、ついで求愛のための巣をつくる。多い時は20個の巣をそこへメスを誘って交尾し、卵やヒナの世話をメスに押しつけては次のメスへ移動。
 
 
イメージ 4
多夫多妻」 写真・カヤクグリ
ヨーロッパカヤクグリ・イワヒバリ・雄も雌も複数の異性と交尾を行い、そしてオスは自分と交尾したメスのヒナにエサを運ぶ、メスは子供たちエサを確保するために複数のオスと交尾していると言える。
 
イメージ 5
一夫多妻」(レック(求愛場)型) 写真キジのつがい
キジは一夫多妻であると言われ、オスとメスの間には継続するつがい関係がない、交尾後はオスは抱卵や子育てはメスに任せにしてしまい、ヒナの世話も一斉しない
(エリマキシギも同じである)この写真撮影の時もう一羽のオスが私の5m近くで、
 
イメージ 6
一妻多夫」タマシギ雄
一妻多夫は哺乳類においても鳥類においてもまれである、それは精子と卵ヘの「エネルギ投資量」が違うからである、
 
イメージ 7
「一妻多夫」タマシギつがい前がオス・後ろがメス
タマシギは鳥の世界では変わり者で、オスより、メスのほうが美しいメスがオスに求愛するからである、春から秋にかけての長い繁殖期間にメスが次々とすを作っては卵を生み、その抱卵をオスに任せる、オスはヒナ達が大きくなるまで連れ歩いて面倒を見る、「育メンの鑑」人様も見習ってね、
 
イメージ 8
「一妻多夫」 アカエリヒレアシシギ
ヒレアシシギ類は繁殖地のシベリア・アラスカのツンドラへ戻ると、メスが派手なディスプレイフライトをしてオスを引きつける、
(容積オーバーになりました続きあります)
 
 
 

2012年4月号「特集」鳥の夫婦関係・日本野鳥の会発行

今日は、京都まで、OOチドリ撮りに出かけましたが、現地の人三名とくまなく探しましたが見つからずもう抜けた後でした、残念。帰りに氏神さんの「柴籬神社」にお参り、家内安全と鳥撮りお願して帰りました。在庫から、モズの嫁入りです
☆日本野鳥会4月号に「上田恵介理学博士の鳥の夫婦関係」大変参考になりましたので、ご紹介させていただきます、
1)鳥類に一夫一妻が多い理由
  鳥の世界では92%が一夫一妻で、相手選びの主導権はメスにある、雌は無制限に卵を作り続けることは出来ないから、メスが慎重にオスを選ぶ。
 
イメージ 1
②夫婦で協力して子育てする利点、(11時27分56秒)
ふーさん、私が、雌に惚れられた雄や、夫婦協力して毎日エサを運ばなくてはならないから面倒見がいいと思われて選ばれたんや、
 
イメージ 2
「モズの嫁入り」撮影11時30分08秒 オスさんの近くにきたで、
ふーさん、言うとおりや、上田博士書いてるやろ、ぐうたらなオスよりも育児に積極的やと思ったんや、
 
イメージ 3
「モズの嫁入り」11時30分26秒 オスさん、何考えてるんやろ
雄さん、私の気持ち判ってんのんか、父親として見込んだんやで、
 
イメージ 4
「モズの嫁入り」11時30分34秒 オスさん、今日は楽しいな
雄さん聞こえてるか、私の思い、判るか、一生添い遂げようと思ってるのにカモ目さんとは違うで、
 
イメージ 5
「モズの嫁入り」11時30分38秒 オスさんこっち向いて
2)上田博士の婚姻形帯のいろいろ
  ①一夫一妻シーズンごとに解消(カモ目さんに多い)
  ②生涯継続(大型のガン類やハクチョウ類はつがいの絆が強い、また、オーストリアムシクイは体重7gしかないのに生涯添い遂げる)
 
 
イメージ 6
「コウゲンモズ雄」11時31分36秒
ふーさん、上田博士の説明でよう判ったわ、雌さんと遠い日本に来たんやからこれから頑張って種の保存に努めるわ、一番上の写真と見比べてくれる、自分のふがいさに、涙流してるねん、今日は体調悪いんや、
(この続きあるんやろ、一夫多妻・多夫多妻・ヘルーパー鳥・鳥の離婚)待ってるから紹介してや、雨の日楽しみにしといて、
 
 

ツリスガラとチョウゲンボウで今日の6枚

今日は、お日柄もよく、鳥友さんと楽しい遠足となりました、昼は土手に座りお弁当の時間、鳥友さんの魔法の弁当箱から、にぬきの卵、バナナ、から、おまんじゅう、お菓子まで、無いのはビールだけでした、
 
 
イメージ 1
「チョウゲンボウ」
ふーさんだけ、美味しい食事か、私も食事のための狩りをせんとな、生きて行くため子孫を残すため大変なんや、此処の食事場所、バーダーさん、入ったらいやや、
 
 
イメージ 2
「チョウゲンボウ」
ふーさん、なんぼサービスしたらええねん、帰って写真チェック時間かかるで、人様中に入って来たから、もうここでの餌獲りやめや、これが最後や、
 
 
イメージ 3
「ツリスガラ」
ふーさん、三度目の正直や、今日来てるの知ってたで、せやさかい、近くに来たんやどないや、感謝せな、この脚の幅よう見てくれるか、こんな芸出来るの私だけやで
 
 
イメージ 4
「ツリスガラ」
ふーさん、この姿勢ほれぼれするやろ、たった11cmやで、鉄人28号の雄や、
 
イメージ 5
「ツリスガラ」
ふーさん、のために構図も考えて止らんとアカン、疲れるわ、でも鳥友さん喜んでくれたから、私も大満足やで、
 
イメージ 6
「ツリスガラ」
ふーさん、ホオジロさんも、オオジュリンさんも居てたやろ、雨の日に紹介したりや、今日も楽しい一日やったな、また来てや、この前より駐車場よりも近いやろ、

コウゲンモズを求めて

今日は噂のコウゲンモズを求めて、河原へ行きました、ほんまに君は誰なんや、月光仮面か、(どこの誰かは知らないけれど、誰もがみんな知っている、正義の味方よ、良い人よ)そうやみんな、バーダーさん言うからそうなんやで、?
 
 
イメージ 7
「コウゲンモズ雄」
ふーさん、古いな、月光仮面みんな知らんで、タイガーマスクやったら知ってるやけどな、ランドセル月光仮面もお送ってたで、テレビのニュース見て知ってるやろ、
 
 
イメージ 1
「コウゲンモズ雄」
月光仮面の歌詞にあるやろ「どこで生まれて育って来たか、誰もが知らない、なぞの人、電光石火のはやわざで今日も走らすオートバイ、月光仮面は誰でしょう、
 
イメージ 6
「コウゲンモズ雄」
ふーさん、亜種のモズでええやろ、人様かて、OO人・OO族て、沢山種族いてるやろそれと同じや、判ってるのは、私たち仲間だけや、
 
イメージ 2
「コウゲンモズ雌」
ふーさん、私が雌や、二人で、仲間から、こっそり抜けて道ならず恋をしたんや、二人で、日本での新婚旅行や、此処で新しく生活するつもりや、
 
 
イメージ 3
「コウゲンモズ雌」
ふーさん、見たら判るやろ、雄さん、積極性無いんや、私がなんぼアタックしても、横向くやろ、二人で駆け落ちして来たのにな、
 
イメージ 4
「モズの求愛」
ふーさん、写真でこんな場面何回撮ってくれた、私が、大きな声で、愛してるよと言っているのに、横向いたままや、でも、此処まで来たんやから頑張るからな、
 
イメージ 5
「ベニマシコ」
ふーさん、容積オーバーで今日は紹介してもらわれへんと思っていたのに、よう判らんけど、7枚目貼れたやん、(モズの写真もっと見たかったな、月光仮面のおじさんは正義の味方やから、お願いしょう)
 
 
 
ギャラリー
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 2022-8-3 羅臼沖の海鳥とシャチ
  • 羅臼知円別港のオオセグロカモメのコロニー
  • 知床ウトロ港のケイマフリ
  • 2022.7.14 知床半島ウトロ側のウミネコとオジロワシ
アーカイブ
  • ライブドアブログ