2010年07月

今日の公園

イメージ 1
「かきたばた園」まだ先日ブログ掲載いたしました、「かきつばた」一輪のみ、バーダーさんを、癒すため、咲いてくれていました、
イメージ 2
「ギンヤンマ」が産卵していました、今日も午前中は、「カワセミ」出ませんでした、でも、土曜日、しか会えない、撮り仲間さん、以前お世話になった、長○さん、奈良で写真撮り続けている、写真家さん、会えて楽しかったです。
イメージ 3
「セグロセキレイ」さんも、暑い暑いと大きなお口を開けていました、

「あっちち・あっちち」の公園

イメージ 1
「ケリ」今日の公園、カワセミバーダー待っているところに、ケリの若様登場、この場所でへ「ケリ」さん降りてくるのは珍しいです、
イメージ 2
「ケリ」さん、足が暑い、「あっちち」と左足・右足と交互に地面について、バーダーさんから、この石場は暑いで、ふーさん私カワセミさんの代役よ暑いの辛抱しているのよ、
イメージ 3
「ケリ」このポーズ良いでしょう、バーダーさんもう十分撮ったでしょう、パパとママ家族の所に帰るからね、
イメージ 4
「ケリ」昼の時間となりました、それではバーダーさん、さようなら、

「アマサギ」雨の狭山池

イメージ 1
「アマサギ」雨の狭山池、行基さんの御計らいにて、五羽発見、夏羽と冬羽の、おまけつきです、
イメージ 2
「アマサギ」獲物の、カエルを食事中、次の画面は、口の中、早食い競争、NO1の子でした、
イメージ 3
「アマサギ」さん、少しメタボになっているのと違う、ふーさん、そのとおり食事美味しいもの、つい食べ過ぎるは、
イメージ 4
「ヒバリ」さんも、雨の中、餌を求めて、目の前までやってきた、

親と子(愛情)

昨日のブログ「サンコウチョウ」子育て、今日いつもの公園で話題となり、大先輩から、若いサンコウチョウ、巣作り、子育てで、毛が抜けた、そこで、ベテランの父がヘルパーで子育てするそうです、
イメージ 1
「カイツブリ親子」A家族こんなに大きくなりました、「カワウ」から、お母さん守ってくれました、これからも、お父さん、お母さん、悪い人様と違うから安心です、
イメージ 2
「ゴイサギの幼鳥」私「ホシゴイ」と呼ばれているの、お母さん、そこへ行くの怖い、待っててね、
イメージ 3
「ゴイサギ」早くこちらにおいで、ちょっと待って「ゴイサギ」さん、その場所、カイツブリB家族が造った、巣と違うの、そうよ、子供飛ぶ練習だもの、愛情だよ、
イメージ 4
「かきつばた」いつもの公園で一輪のみ咲いていました、私最後の花だよ、皆さん楽しんで、鑑賞してね、こころ穏やかに過ごしてね、
イメージ 5
ふーさん、私達見えるかな、上の大きな池に行くために(生きていくために)一生県命頑張っているの、子魚さんより、

子育てサンコウチョウ

児童虐待が昨日もテレビにニュースとして流れていた、私も趣味の鳥撮りとして第二の人生を歩み始めて、2年半、「チョウゲンボウ・ハヤブサ・タマシギ・カイツブリ・ツバメ・アオバズク・サギ類・シギ類」公園の留鳥と、子育て見てきました、また、ブログにも掲載してきました、人様も鳥のように子育て考えましょう、
イメージ 1
「サンコウチョウ雄個体①」今日二羽の雄が餌をやりに来ました、バーダーさんから、個体が違うの声、過去に例があるとの事、読者の皆さんよく見てね。
イメージ 2
「雄個体②・写真で確認いたしました」上の雄、頭が禿げて毛がありません、下の雄、頭に毛が見えます、(この公園すでに四組育ったそうです)この子が最後の子育てとなりました、バーダーさん見守ってください。
イメージ 3
「サンコウチョウ雄個体②・私毛があるでしょう」よく見てね、
イメージ 4
「サンコウチョウ雌子育て」そうよ、お父さんもう年だから?子育てお願いしているの、みんなで育てているのよ、私達鳥の世界は当たり前です、
イメージ 5
「サンコウチョウ雌」人様も、ふーさんのブログ見てくれたら、うれしいな、サンコウチョウ母より、
ギャラリー
  • 甘えん坊のノスリの幼鳥
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月31日 羅臼の海鳥とシャチ
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 7月28日ウトロ漁港からカムイワッカの滝の沖
  • 野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコース
  • 野付半島沖の国後ネイチャーウオッチングコース
アーカイブ
  • ライブドアブログ